トップページ  >  会社情報  >  会社沿革

会社沿革

2016年4月1日現在

1927 精麦・精米機の製造・販売のため、愛媛県松山市において三浦製作所を創業
1959 各種ボイラ・精麦・精米機の製造のため、株式会社三浦製作所(資本金2百万円、
代表取締役 三浦保)を設立
1960 小型貫流ボイラの製造開始

1968年 スローガンを掲げる
▲1968年 スローガンを掲げる
1967 舶用補助ボイラの製造開始
1968 スローガン「世界一安くて良いボイラを創ろう」
1971 ボイラ用薬品の製造開始  
1972 「ZMP(3年間有償保守管理)契約」制度を開始
1977 MI(多缶設置)システムの販売開始
1978 商号を三浦工業株式会社に変更
医療用滅菌器の製造開始
1982 韓国ミウラ工業株式会社に出資(現・連結子会社)
大阪証券取引所市場第2部に株式を上場

1987年 カナダにMIURA BOILER CO.,LTD.を設立
▲1987年
カナダにMIURA BOILER
CO.,LTD.を設立
1984 東京証券取引所市場第2部に株式を上場
1986 食品加工機器の販売開始
1987 スローガン「未来を拓くテクノサービス」
MIURA BOILER CO.,LTD.(カナダ)を設立
1988 三浦鍋炉(股)有限公司(台湾)を設立(現・連結子会社)
1989 オンラインメンテナンス開始
東京・大阪両証券取引所市場第1部銘柄に指定
脱酸素装置の販売開始
1992 三浦環境科学研究所を新設  
1993 上海三浦鍋炉有限公司(中国)に出資
スローガン「最高のテクノサービスでお客様の信頼を得よう」
ターゲット「熱と水を新しく提案しよう」
1996 家庭用軟水器販売開始
2001 スローガン「テクノサービス・エボリューションで、熱・水・環境のベストパートナーを目指す」
2002 ダイオキシン管理型小型焼却炉販売開始
オンエアーメンテナンス開始
 
2004 株式会社三浦プロテック、三浦インターナショナル株式会社を設立
三浦工業設備(蘇州)有限公司を設立(現・連結子会社)
 
2008 株式会社三浦プロテック、三浦インターナショナル株式会社を吸収合併
MIURA MANUFACTURING AMERICA CO.,LTD.(米国)を設立
ミウラサウスイーストアジア社(シンガポール)を設立
2009 コーポレート・マークを変更
コーポレート・ステートメント「熱・水・環境のベストパートナー」
会社設立50周年記念式典を開催
ミウラインドネシア株式会社を設立(現・連結子会社)
2009年 50周年記念式典を開催
▲2009年
50周年記念式典を開催
2011 ミウラボイラメキシコ株式会社を設立
2012 ミウラボイラブラジル有限会社を設立
2013 MIURA BOILER CO.,LTD. を MIURA CANADA CO.,LTD. に商号変更(現・連結子会社)
2014 三浦工業(タイ)株式会社を設立
ミウラネザーランド株式会社を設立
2015 ミウラインターナショナルアメリカス株式会社を設立(現・連結子会社)
三浦トルコ熱システム工業有限会社を設立
MIURA NORTH AMERICA INC. が MIURA MANUFACTURING AMERICA CO.,LTD. を吸収合併、
ミウラアメリカ株式会社に商号変更(現・連結子会社)
2016 ミウラサウスイーストアジアホールディングス社を設立(現・連結子会社)
ミウラサウスイーストアジア社をミウラシンガポール社に商号変更

※受賞歴とISO等の認証取得に関しましては、こちらからご確認ください。
受賞一覧
ISO認証/認定範囲