トップページ  >  三浦環境科学研究所  >  分析業務  >  環境ホルモン分析

環境ホルモン分析

環境ホルモンとは、動物の生体内に取り込まれた場合に、本来、その体内で営まれている正常なホルモン作用に影響を与える外因性の物質のことを言い、正式名称を外因性内分泌攪乱化学物質と言います。
弊社は、いち早く環境ホルモン物質の分析に取り組んでおり、SPEED'98に規定された環境ホルモン物質について、迅速に対応致します。

測定項目

SPEED'98

測定対象物質

排水、公共用水域、地下水、水道水
底質、水底土砂
生物、食品、その他

主要装置

ガスクロマトグラフ質量分析計
ガスクロマトグラフ/ECD,FID
高速液体クロマトグラフ/UV-VIS,RI,FL
紫外可視分光光度計