トップページ  >  三浦環境科学研究所  >  部門紹介

部門紹介

三浦環境科学研究所

三浦環境科学研究所外観 三浦環境科学研究所は、「現在及び将来の環境問題に応えるべく、環境関連情報と高度分析技術の確保に努め、社内外に貢献できる自弁型環境改善事業を創成する」という基本理念に基づき、環境汚染物質の調査測定業務を中心に、これらの処理技術開発とその商品化に取り組んでおります。

事業登録

認定登録

加盟団体


環境分析センター

研究所の中核として、長年培った極微量環境汚染物質の高度な測定分析技術と最新の設備・機器を駆使し、高い精度管理システムのもと信頼性の高いデータを迅速に提供し、お客様のニーズに的確にお応えします。

環境研究開発部

ダイオキシン類をはじめ極微量環境汚染物質や環境ホルモン物質などの計測技術および対策技術や廃棄物の再資源化など、現代の循環型社会における重要課題である環境技術を産官学共同で研究し、社会に貢献できる商品を開発します。

三浦記念館
愛媛大学農学部環境産業科学講座
三浦記念館
弊社は愛媛大学に寄附講座を開設、「環境産業研究施設・三浦記念館」を寄贈し、環境に関する計測技術や廃棄物の再資源化などの基礎研究を行い、それらの応用・実用化を図ります。

環境営業部

環境調査の計画・実施・報告、環境対策技術の提案、環境分析装置・機器や環境対策機器の販売などを通じて、開かれたお客様とのご相談窓口を目指します。環境に関するご質問、お困りのこと、お知りになりたいことなどまずはご相談ください。これまでに蓄積された豊富なデータ、経験および知見を基に、適切な環境調査を計画・提案し、問題解決を支援いたします。