トップページ  >  お知らせ一覧

お知らせ

2019年7月29日

一般社団法人日本ガス協会 技術賞を受賞!
~ 「ベンチュリサクション」技術を採用した
日本初、低圧ガス対応換算蒸発量 1,200kg/hボイラ「SQ-1200ZL」~

三浦工業株式会社(本社:愛媛県松山市、社長:宮内大介)は、2019年7月17日、東京都のイイノホール&カンファレンスセンターにて、一般社団法人日本ガス協会主催「2019年度技術大賞・技術賞」の表彰式が行われ、「ベンチュリサクション」技術を採用した 日本初、低圧ガス対応の換算蒸発量1200kg/hボイラ「SQ-1200ZL」に関して、技術賞を受賞いたしましたのでお知らせいたします。

製品画像_SQ-1200ZL.jpg     2019技術賞マーク.png  表彰式の様子.jpg
▲受賞した製品「SQ-1200ZL」                     ▲授賞式の様子

                                    左:一般社団法人日本ガス協会 専務理事 沢田聡様

                                    右:三浦工業株式会社 ボイラ技術統括部長 三浦 正敏

 

  一般社団法人日本ガス協会では、毎年、ガス事業の発展に顕著な功績のあった独創性や発展性に富む画期的な技術の表彰を行っております。

今回受賞した製品「SQ-1200ZL」は、ベンチュリサクション技術(送風機吸込口に設置したベンチュリの負圧を利用してガス燃料を吸引しバーナに供給する技術)を採用することで、これまで中圧ガス供給が必要だった換算蒸発量1,200kg/hのボイラでも、低圧ガスをご利用のお客様にも幅広く大容量ボイラをお選び頂くことが可能となりました。

今後もミウラは省エネルギーおよび環境への貢献できる製品の開発に積極的に取り組んでまいります。

<関連URL>

■日本初、低圧ガス対応の換算蒸発量1,200kg/hボイラを共同開発

~「ベンチュリサクション技術」採用~ (2017/8/1弊社ニュースリリース)

http://www.miuraz.co.jp/info/newsrelease/2017/08/01/1415.html 

■一般社団法人日本ガス協会 2019年度技術大賞・技術賞 受賞一覧

https://www.gas.or.jp/pdf/gijutsu/TechnologyAward2019.pdf

以上


お知らせ一覧へ戻る