トップページ  >  ニュースリリース一覧  >  フラッシュ蒸気発生装置 HJ-4000 発売

ニュースリリース


フラッシュ蒸気発生装置 HJ-4000 発売

〜蒸気使用後に排出される高温熱水(ドレン)から蒸気を取り出して燃料費を年間約500万円削減〜


小型貫流ボイラのトップメーカである三浦工業株式会社(本社 愛媛県松山市 社長 盒桐監)は、ボイラの蒸気を利用した後に排出される高温の熱水(ドレン)から、低圧の蒸気を取り出し、有効活用する省エネシステム『フラッシュ蒸気発生装置 HJ-4000』について、2014年11月から発売を開始します。

クリーニング工場や食品工場等では、製品の製造工程で蒸気を製品の加熱等に利用した後には、高温の熱水(以下、ドレン)が排出されます。このドレンを有効に活用する手段として、 ボイラ給水タンクに回収してボイラ給水の加温に利用する方法が知られています。しかし、タンクから湯気として捨てられてしまい十分に活用できない場合や、タンクまでの距離が遠く回収できない場合がありました。

そこで、蒸気を利用した後に発生するドレンから、その場で低圧の蒸気を取り出し、再び製品の製造工程に供給できるフラッシュ蒸気発生装置を開発しました。この装置によって、今まで廃棄されていたドレンを蒸気として再利用することができるため、ボイラの燃料費を削減することができます。

【製品の主な特長】
 本製品をボイラシステムに導入することで、ボイラの燃料費を年間約500万円※、
CO2排出量を年間約140トン※削減することができます。ミウラは、ボイラ単体での効率追求だけではなく、工場の未利用熱の活用を組み合わせることで、蒸気システムや工場全体の省エネ提案を進めていきます。

【販売目標台数】
年間30台

【販売機種】
HJ-4000

【販売価格】
オープン価格


※下表の条件における試算値です。お客様の使用条件によって異なります。
ドレン回収量(kg/)  4,000
稼働時間 (h/年)  3,000
蒸気単価 (円/kg)  5.6
ドレン圧力(MPa)  0.8
フラッシュ蒸気圧力(MPa)  0.2
フラッシュ蒸気発生量(kg/h)  330

以 上

▼お問い合わせ先
三浦工業株式会社 ブランド企画室
TEL:089-979-7019 FAX:089-979-7126
Mail: burandokikakushitsu@miuraz.co.jp



PDFフラッシュ蒸気発生装置 HJ-4000 発売〔574KB〕


 ニュースリリース一覧へ戻る