トップページ  >  ニュースリリース一覧  >  女性労働者の能力発揮を促進 「均等推進企業部門」愛媛労働局長優良賞を受賞

ニュースリリース


女性労働者の能力発揮を促進
「均等推進企業部門」愛媛労働局長優良賞を受賞

小型貫流ボイラのトップメーカーである三浦工業株式会社(本社 愛媛県松山市 社長 盒桐監鵝砲任蓮厚生労働省が実施する女性労働者の能力発揮を促進するための積極的取り組み(ポジティブ・アクション)と仕事と育児・介護との両立支援のための取り組みが他の模範となる企業に贈られる「均等・両立推進企業表彰 均等推進企業部門 愛媛労働局長優良賞※1」を2014年10月1日に愛媛労働局長より受賞しましたことをお知らせいたします。


ミウラでは、多様な働き方を促進し、男女問わず社員一人ひとりが活躍できる働きがいのある働きやすい職場づくりに取り組んでいます。今後の会社の成長のためには、社員の総合力向上が必要不可欠であるとの経営方針のもと、ポジティブ・アクションを進めています。

<取組体制>
・2007年に人事部内に「女性活躍推進課(現「ダイバーシティ推進課」)を設立、女性社員の活躍の場の拡大とトップランナー創りを目標に定め活動を開始
・ポジティブ・アクション情報ポータルサイト内の「女性活躍推進コーナー」及び「ポジティブ・アクション応援サイト」に女性の活躍推進企業方針と取組内容を明示
・社員満足度調査により、女性の活躍に関する状況や課題の把握に努め、その結果を具体的な取組に反映

<取組内容>
・女性の採用拡大を目的として、会社案内「情熱ファクトリーMIURA」に社内で活躍している女性社員を紹介し、PRを行った。
・職域拡大を目的として一般職から総合職への転換のチャンスを増やすために「職能資格規程」を改定し、運用している。一般職も入社2年目から総合職に転換できるようになった。
・管理職の登用促進のために、産休や育児休業がハンディとならないよう人事考課規程を見直した。
・女性社員の意識向上を目指して、三浦オフィス・スキルコンテストを実施し、スキル向上を図っている。
・継続勤務を支援するため、両立支援制度の充実を図った。育児短時間勤務制度、看護休暇、所定労働の免除、時間外労働の制限、深夜業の制限の各措置を子供が小学校3年生まで利用できるよう変更した。
・2011年7月以降、休業者を支援するため、「休業者復職支援サイト」を開設したほか、女性社員同士が情報交換をするためのネットワークづくりなど多彩な取り組みを行っている。

<取り組み成果>
・総合職の女性の増加(H20年48人 →H26年87人)
・女性管理職の増加(主任職H21年24人→H26年33人、専門職の役職(2011年新設)43人登用、2011年初の女性部長誕生)
・女性社員の継続勤務の意欲が高まり、育児休業の取得も増えたことにより平均勤続年数が伸びた。

※1…均等・両立推進企業表彰
厚生労働省が「女性労働者の能力発揮を促進するための積極的な取組」又は「仕事と育児・介護との両立支援のための取組」について、他の模範ともいうべき取組を推進している企業を表彰し、これを広く国民に周知することにより、男女ともにそれぞれの職業生活の全期間を通じて持てる能力を発揮できる職場環境の整備の促進に資することを目的に実施されている。 労働局長優良賞は、地域において、女性の能力発揮を促進するために、他の模範ともいうべき取組を推進している企業に贈られる。(厚生労働省HPより)


以上

PDF女性労働者の能力発揮を促進 「均等推進企業部門」愛媛労働局長優良賞を受賞〔241KB〕


 ニュースリリース一覧へ戻る