トップページ  >  ニュースリリース一覧  >  ミウラ舶用事業のメンテナンス拠点を中国に開設

ニュースリリース


ミウラ舶用事業のメンテナンス拠点を中国に開設

小型貫流ボイラのトップメーカである三浦工業株式会社(本社 愛媛県松山市 社長 盒桐監)の中国現地法人、三浦工業設備(蘇州)有限公司(本社 蘇州 社長 兒島好宏)は、舶用事業の海外メンテナンス拠点として上海駐在所を開設することとしましたので、下記のとおりお知らせします。


1. 設立の目的
近年、中国の修繕ドックに入渠(にゅうきょ)する外航船が増加しており、三浦工業の舶用ボイラ等の定期検査に伴う点検業務や修繕業務などの一連のメンテンナンス需要が増加しております。このような傾向から、いっそうのニーズに対応するため、中国のメンテナンス拠点として、上海に事業拠点を開設します。

新拠点では、中国のドックや寄港地における定期点検業務および迅速なアフターサービスの充実を図っていきます。また、陸用のボイラ等製造販売を行う三浦工業設備(蘇州)有限公司 上海支店内に舶用事業部 上海駐在所を開設することにより、中国での実績を今後に活かし、協力体制を強化する予定です。

さらに、新製品であるバラスト水処理装置の発売開始に伴い、当該製品のメンテナンスの強化も視野に入れております。
今後も中国国内における舶用事業の拠点の増設と、グローバル化を推進してまいります。


2. 新拠点の概要
(1) 拠点名 三浦工業設備(蘇州)有限公司上海支店 舶用事業部 上海駐在所
(2) 所在地 中国 上海
(3) 設立年月 2014年11月1日
(4) 責任者 柳原 博史 
(5) 事業内容 三浦工業の舶用製品のメンテナンス
※ 新拠点の概要については、現時点における予定ですので、変更となる場合があります

以 上

▼お問い合わせ先
三浦工業株式会社 ブランド企画室
TEL:089-979-7019 FAX:089-979-7126
Mail: burandokikakushitsu@miuraz.co.jp


PDFミウラ舶用事業のメンテナンス拠点を中国に開設〔153KB〕


 ニュースリリース一覧へ戻る