トップページ  >  ニュースリリース一覧  >  ミウラのバラスト水処理装置HK-200、台湾大手船主ウィズダムマリングループへ搭載

ニュースリリース


ミウラのバラスト水処理装置HK-200、台湾大手船主ウィズダムマリングループへ搭載

小型貫流ボイラのトップメーカである三浦工業株式会社(本社 愛媛県松山市 社長 盒桐監鵝砲蓮△海里燭單社製品のバラスト水処理装置HKが、台湾大手船主ウィズダムマリングループの所有・管理船へ搭載が完了したことをお知らせします。

バラスト水処理装置の就航船への設置は国際海事機関(IMO)にて採択されたバラスト水管理条約が批准・発効されたことにより義務付けられ、まもなく発効要件を満たす見通しです。当社は、バラスト水処理装置を2014年10月から発売しており、就航船への搭載(レトロフィット)の実績を着々と重ねております。

このたび、ウィズダムマリングループの管理船では初めてのバラスト水処理装置として、当社製品「バラスト水処理装置HK」が採用され、搭載のはこびとなりました。ウィズダムマリングループは、台湾大手船主であり、100隻を越える船舶を運航・管理しています。当社製品の補助ボイラ・造水器・焼却炉なども多くの船舶でご利用いただいております。
今回はミウラとGenius Star Management consulting Co., Ltd.が、中国・深センにあるYIU LIAN SHIIPYARDで定期検査時期に合わせ、レトロフィットのエンジニアリングを行いました。Genius Star Management consulting Co., Ltd.は配管・電気を設計しました。
現在はアフターサービスにおいても、シンガポール・オランダ・台湾・中国(国内3拠点)をはじめとする海外での要地にメンテナンススタッフを配置し、万全の体制を整えつつあります。
今後もミウラは、新規建造船へのバラスト水処理装置の搭載と並行し、就航船への搭載(レトロフィット)のエンジニアリングの実績を重ねていきます。
お客様への最適なソリューションを提供することで世界の海洋環境の保全に貢献してまいります。

船名:GENIUS STAR XI 警固屋船渠株式会社 建造
船種:一般貨物 GCS 13663DWT
搭載機器:HK-200 1基(200m3/h) フィルタ+UV方式
搭載ドック: YIU LIAN SHIPYARD (中国)
船主:GS Navigation S.A.

▼お問い合わせ先
三浦工業株式会社 ブランド企画室
TEL:089-979-7019 FAX:089-979-7126
Mail: burandokikakushitsu@miuraz.co.jp

PDFミウラのバラスト水処理装置HK-200、台湾大手船主ウィズダムマリングループへ搭載〔377KB〕


 ニュースリリース一覧へ戻る