トップページ  >  ニュースリリース一覧  >  平成27年度(第36回)優秀省エネルギー機器表彰『日本機械工業連合会会長賞』受賞~高圧貫流ボイラSQ+ダブルドレン回収ユニット~

ニュースリリース

2016年1月22日

平成27年度(第36回)優秀省エネルギー機器表彰
『日本機械工業連合会会長賞』受賞
~高圧貫流ボイラSQ+ダブルドレン回収ユニット~

小型貫流ボイラのトップメーカである三浦工業株式会社(本社 愛媛県松山市 社長 高橋祐二)は、一般社団法人日本機械工業連合会が主催する優秀省エネルギー機器表彰において、「日本機械工業連合会会長賞」を受賞しました。

受賞機器『ガス焚き高圧貫流ボイラSQとダブルドレン回収ユニット(クローズドドレン回収装置HXとフラッシュ蒸気回収装置付きオープンドレンタンクMDT-H)のシステム』は、高い省エネルギー効果を評価されての受賞となります。

受賞機器の紹介

工場で使われる蒸気エネルギーの全てが、負荷機器側で100%使いきれる訳ではありません。間接加熱の負荷機器にて使用された蒸気は、液体となり捨てられており、これを「ドレン」と呼びます。ドレンには約165℃(圧力0.6MPa時)の温度があり、この捨てられるドレンの熱エネルギーを余す所なく使いきることが出来るのが、ダブルドレン回収ユニットです。
システム構成のボイラは、高効率多缶設置システムとして優秀省エネルギー機器表彰(第31回)を受賞した小型貫流ボイラSQの高圧仕様です。高圧仕様のSQは、クローズドドレン回収条件下において業界最高となるボイラ効率96%(エアヒータ仕様,給水160℃時)を達成し、実運転負荷においても台数制御装置で燃焼台数および燃焼状態の最適化を行い、高いシステム効率を維持するのが特長です。
このSQに、工場負荷機器から排出されるドレンの熱を無駄なく回収するダブルドレン回収ユニットを組合せることで、熱エネルギーを無駄なく使いきる省エネシステムを構築できます。

優秀省エネルギー機器表彰とは

一般社団法人日本機械工業連合会では、省エネルギー推進の国策に呼応して、「優秀省エネルギー機器表彰事業」を昭和55年度から実施しております。
この事業は、優秀な省エネルギー機器を開発して実用に供することにより、エネルギーの効率的利用の推進に貢献していると認められる者及び企業その他の団体を表彰し、もって優秀な省エネルギー機器の普及を図るとともに、省エネルギー機器の開発を促進しようとするものであります。
<一般社団法人日本機械工業連合会ホームページより抜粋>

以上

お問い合わせ先

三浦工業株式会社 ブランド企画室
TEL:089-979-7019 FAX:089-979-7126
Mail: burandokikakushitsu@miuraz.co.jp


ニュースリリース一覧へ戻る