トップページ  >  ニュースリリース一覧  >  ミウラのバラスト水処理装置HK-300をクルーズ客船「飛鳥II」へ納入

ニュースリリース

2017年2月16日

ミウラのバラスト水処理装置HK-300をクルーズ客船「飛鳥II」へ納入

発行日:2017年2月16日

 小型貫流ボイラのトップメーカである三浦工業株式会社 (本社 愛媛県松山市 社長 宮内大介)は、このたび、バラスト水処理装置HKを「郵船クルーズ株式会社様」所有のクルーズ客船「飛鳥II」へ2017年1月、HK-300 1基を納入したことをお知らせします。


 「飛鳥II」は横浜を母港とする日本最大のクルーズ客船であり、クルーズを愛する世界中の方々から高い評価を受け、「クルーズシップ・オブ・ザ・イヤー」を連続受賞されています。
 これまで、弊社バラスト水処理装置HKは、様々な船種(バルクキャリア・コンテナ・ケミカル・自動車専用船・LPG・ゼネラルカーゴ・Ro-Ro)へ搭載実績を重ねておりますが、これらの実績を評価いただき、クルーズ客船へ初の搭載となりました。


 今後もミウラは、バラスト水処理装置HKのレトロフィット※において、お客様のご要望にお応え出来るよう、あらゆる船種・船型へ弊社エンジニアを派遣し、搭載計画から搭載立会・試運転までサポートし、実績を重ねていきます。 
 さらに世界の海洋環境保全に貢献してまいります。

※ レトロフィット・・・就航船への機器搭載


◆クルーズ客船 「飛鳥II」

◆船舶概要

船籍 日本
全長・全福 241m×29.6m
総トン数 50,142GT
航海速力 最高21ノット
乗客数 872名
客室数 436室(全室海側)

搭載機器: HK-300〔300m3/h〕 フィルタ+UV方式

▲搭載船の写真

以上

20170216_HK300レトロ搭載 飛鳥IIへ納入 .pdf

▼お問い合わせ先

三浦工業株式会社 ブランド企画室

TEL:089-979-7019 FAX:089-979-7126

Mail: info_miuraz@miuraz.co.jp


ニュースリリース一覧へ戻る