トップページ  >  ニュースリリース一覧  >  ミウラグループにてスーパーグローバルハイスクール(SGH)事業による
松山東高校生の企業研修を実施

ニュースリリース

2017年6月23日

ミウラグループにてスーパーグローバルハイスクール(SGH)事業による
松山東高校生の企業研修を実施

 小型貫流ボイラのトップメーカーである三浦工業株式会社 (本社 愛媛県松山市 社長 宮内大介)は、2017年6月15日に、スーパーグローバルハイスクール(SGH)事業の指定校である愛媛県立松山東高等学校の生徒約80名に対して、企業研修を実施しましたのでお知らせいたします。

 スーパーグローバルハイスクール事業とは、将来、国際的に活躍できるグローバル・リーダーを高等学校段階から育成することを目的として文部科学省が実施する事業で、ミウラグループでの研修受入は昨年に続き、4回目の実施となりました。

 同校は、「東高 がんばっていきましょい〜ALL愛媛で育てる世界に羽ばたく人材〜」という研究開発課題で、平成26〜30年度の5年間、研究に取り組むこととなっております。

 研修中の講義では、海外事業のプレゼンを始め、海外を身近に感じ、興味を持ってもらうためにミウラの海外拠点と講義室をWebカメラで繋いで海外のものづくりの現場をタイムリーに見学できるプログラムや、松山東高校卒業の社員ОB、OGとの座談会を実施いたしました。


 ミウラは「世界のお客様に省エネルギーと環境保全でお役に立つ」という経営理念の実現に向けてグローバル化を推進していくとともに、これからも芸術や文化、環境保全、学校行事の支援、ボランティア活動などを通して、地域貢献に積極的に取り組んで参ります。

 

 ▲海外事業プレゼンを受ける生徒の様子     ▲工場見学を行う様子

以上

20170623_東高SGH企業研修実施.pdf

▼お問い合わせ先

三浦工業株式会社 ブランド企画室

TEL:089-979-7019 FAX:089-979-7126

Mail: info_miuraz@miuraz.co.jp


ニュースリリース一覧へ戻る