トップページ  >  ニュースリリース一覧  >  発電効率48%、総合効率90%の業務用4.2kW固体酸化物形燃料電池(SOFC)システムを販売開始

ニュースリリース

2017年8月7日

発電効率48%、総合効率90%の業務用4.2kW固体酸化物形燃料電池(SOFC)システムを販売開始

 産業用ボイラのトップメーカーである三浦工業株式会社(本社 愛媛県松山市 社長 宮内 大介)は、この度、「業務用4.2kW固体酸化物形燃料電池(SOFC)システム」を2017年10月より販売いたします。

 弊社では、エネルギーの安定供給のため、高効率な分散型電源として期待される燃料電池の開発を行ってまいりました。燃料電池は都市ガスを燃料として、発電を行うと同時に、発生する排熱を温水として回収するコージェネレーション機器として普及拡大が期待されております。

 2012年度から住友精密工業株式会社と共同開発を開始し、2013年度からは弊社がNEDO*1の助成を受け、東京ガス株式会社、大阪ガス株式会社、東邦ガス株式会社のご協力のもと実証事業を続けてまいりました。

 2014年には経済産業省が取りまとめたエネルギー基本計画の閣議決定、また水素社会の実現に向け"水素・燃料電池戦略ロードマップ"が策定され、2017年度の業務・産業用燃料電池の市場投入という目標が掲げられております。

 初年度は市場投入を目標としており限定台数の販売となる予定ですが、飲食店舗・福祉施設等業務用SOFC市場は約10万件のポテンシャルがあると見込まれており、2025年の普及期に向けて販売を拡大させてまいります。

 ミウラは燃料電池システムの普及を促進し、省エネルギーかつ環境にやさしい水素社会の実現に貢献してまいります。

*1・・・国立研究開発法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構

<製品の特長>

1.高い発電効率の実現

 ・他方式より発電効率の高いSOFC(固体酸化物形燃料電池)を採用し、発電効率48%を達成しました。

 ・発電時に発生する排熱を回収し、総合効率90%を達成しました。

2.省スペース化

 ・飲食店舗等設置スペースが狭小なお客様においてもご提案が可能。

 ・必要な機器は本体と付属の貯湯タンクに集約し、現場では最小限の配管、配線工事となる設計としております。

3.優れた環境性

 ・クリーンな都市ガスを使用することで、高効率な発電・温水供給をおこなうことができ、CO2排出量の削減に貢献し、

  クリーンなエネルギー供給を実現しました。

<製品外観>

※写真は業務用4.2kW固体酸化物形燃料電池(SOFC)ユニットとなります。

<製品概要>

燃料

都市ガス 13A

定格発電量(kW-AC)

4.2

熱回収量(kW)

3.7

発電効率(%-LHV)

48

熱回収効率(%-LHV)

42

総合効率(%-LHV)

90

製品寸法(mm)

1,880(W)×810(D)×1,780(H)

質量(kg)

780

 以上

20170807_業務用固体酸化物形燃料電池システム販売.pdf

▼お問い合わせ先

三浦工業株式会社 ブランド企画室

TEL:089-979-7019 FAX:089-979-7126

Mail: info_miuraz@miuraz.co.jp


ニュースリリース一覧へ戻る