トップページ  >  ニュースリリース一覧  >  第7回「ものづくり日本大賞」で四国経済産業局長賞を受賞!
~オンラインメンテナンス(IoT)を活用したトータルソリューションモデル~

ニュースリリース

2018年2月23日

第7回「ものづくり日本大賞」で四国経済産業局長賞を受賞!
~オンラインメンテナンス(IoT)を活用したトータルソリューションモデル~

 産業用ボイラのトップメーカーである三浦工業株式会社(本社:愛媛県松山市 社長:宮内大介)は、第7回「ものづくり日本大賞」にて弊社のテーマ「ボイラのオンラインメンテナンス(IoT)を活用したトータルソリューションモデル」が、「ものづくり+(プラス)企業」部門で「四国経済産業局長賞」※を受賞し、2018年2月22日に授賞式が行われました。

 「ものづくり日本大賞」は、製造・生産現場の中核を担っている中堅人材や伝統的・文化的な「技」を支えてきた熟練人材、今後を担う若年人材など、「ものづくり」に携わっている各世代の人材のうち、特に優秀と認められる人材を顕彰するものです。本賞は、経済産業省などが連携し、2005年より隔年開催されており、今回で7回目を迎えます。

 弊社のテーマは「ボイラのオンラインメンテナンス(IoT)を活用したトータルソリューションモデル」で、BP事業推進本部 執行役員:廣井政幸を代表とする他6名の社員が受賞いたしました。オンラインメンテナンスシステムは、29年前からIoTを活用しておこなっているもので、ボイラや水処理機器、その他周辺機器などトータルで24時間監視・管理できるシステムです。長年にわたり蓄積した社内ビッグデータを活用したビフォアメンテナンスや省エネルギー提案を評価いただき、今回の受賞に至りました。

 今後も、IoT技術を活用した環境負荷を低減するための省エネルギー提案をはじめとした工場全体のトータルソリューションを推進してまいります。

 ※四国経済産業局長賞は、内閣総理大臣賞・経済産業大臣賞・特別賞・優秀賞に続く賞で、四国経済産業局が設けている賞です。

▲授賞式の様子(右から4番目:四国経済産業局 長濱局長/他受賞者7名)

                                                     以上

20180223_第7回「ものづくり日本大賞」にて四国経済産業局長賞を受賞.pdf

▼お問い合わせ先

三浦工業株式会社 ブランド企画室

TEL:089-979-7019 FAX:089-979-7126

Mail: info_miuraz@miuraz.co.jp


ニュースリリース一覧へ戻る