トップページ  >  ニュースリリース一覧  >  省エネ電気ボイラ内蔵の蒸気滅菌器「RH型」新発売

ニュースリリース

2018年8月27日

省エネ電気ボイラ内蔵の蒸気滅菌器「RH型」新発売

 産業用ボイラのトップメーカーである三浦工業株式会社(本社:愛媛県松山市、社長:宮内大介)は、このたび、医療機関向けに「包装品用高圧蒸気滅菌器RH型」を発売します。

<開発の背景>

 お客様からの「オール電化」「省エネ」の要望にお応えするため、電気ボイラを内蔵し、ドレン回収及び新乾燥方式とサポート機能を搭載することで、大幅な省エネを実現した「RH型」を開発しました。

<装置の特徴>

1 省エネ電気ボイラ内蔵(EHタイプ)

保温に使用した蒸気のドレンを回収し、熱エネルギーとして再利用することにより、約10%※1省エネを実現します。また、供給水をRO水にすることで、クリーン蒸気滅菌が可能です。

※1:1運転当たりにおけるドレン回収なしの場合との比較(自社調べ)

2 省エネ新乾燥方式

真空乾燥と空気対流乾燥を交互に行い、缶内の熱をより多くの滅菌物へ伝え乾燥を促進させます。また、空気対流乾燥中は真空ポンプを停止させることにより、従来方式2と比べて1運転当たりのランニングコスト(水・電気)を約20%低減しました。

※2:連続真空乾燥とパルス乾燥の混合乾燥(自社調べ)

3 省エネサポート機能(EHタイプ)

運転完了後、保温を停止して、エネルギーロスを約65%※3減らします。その後ドアを自動で開くことにより、滅菌物を自然冷却します。設定した時間後に自動で保温を再開し、暖機までの待ち時間を短縮します。

※3:EHタイプにおいて、夜間に12時間保温を続けた場合との比較(自社調べ)

<販売機種>

販売名

RH型

一般名称

包装品用高圧蒸気滅菌器

医療機器認証番号

229AFBZX00038000

<機種の型式>

12種類となります。「電気ボイラ内蔵仕様」以外に、別置きのボイラの蒸気を用いる「外部蒸気仕様」も品揃えしています。

電気ボイラ内蔵仕様

外部蒸気仕様

片ドア式

12EH、16EH、20EH

12SH、16SH、20SH

両ドア式

12EHW、16EHW、20EHW

12SHW、16SHW、20SHW

発売日 2018年9月1日

<製品外観>

●20170707撮影_RH-20EHW_1.jpg

写真はRH-20EHWとなります。

以上

20180827_高圧蒸気滅菌器RH発売.pdf


ニュースリリース一覧へ戻る