トップページ  >  ニュースリリース一覧  >  新たな水処理装置2機種開発中!8月に初公開!~排水リユース向け新型UF膜ろ過装置WU~

ニュースリリース

2019年7月23日

新たな水処理装置2機種開発中!8月に初公開!
~排水リユース向け新型UF膜ろ過装置WU~

 産業用ボイラのトップメーカーである三浦工業株式会社(本社:愛媛県松山市 社長:宮内大介)は、新たなUF膜ろ過装置「WU」を2020年4月頃の販売開始を目標に現在開発中です。2019年8月1(木)〜3日(土)に東京(会場:幕張メッセ 9ホール)にて行われる「愛とひらめきミウラフェア 世界へ、未来へ、+iを。」を皮切りに全国5会場にて公開いたします。

新型UF膜ろ過装置【WU】

開発背景

 膜ろ過は、井水や工業用水のろ過処理、純水製造の前処理、排水や排液の処理・回収など多くの分野で活用されています。2016年には、井水や工業用水のろ過処理、純水製造の前処理においてご使用いただけるUF膜ろ過装置を発売し、広くご利用いただいております。

 現在、排水リユースに対応した新型UF膜ろ過装置「WU」を開発中です。本製品は、高透水性、高濁質耐性、高耐薬品性の中空糸限外ろ過膜(UF膜)モジュールを採用しており、排水の高度処理用途としてご利用頂けます。

特長

WU-AK_姿図.jpg●高透水性

高透水性能の膜により、少ない膜本数で大流量のろ過水が得られるため、省スペース化が図れます。

●高強度・高耐薬品性

すぐれた強度特性・耐薬品性の親水化PVDF膜により、長期にわたる安定運転が可能です。常時塩素殺菌しながらの運転も可能です。

高濁質耐性

洗浄効率が高く、濁質排出性に優れた膜構造により、詰まりにくく安定したろ過水量が得られます。

●自動薬品洗浄機能

原水水質に応じた様々な膜洗浄設定が行えるため、幅広い原水へ適用可能です。自動薬品洗浄により膜洗浄の省力化が可能です。

●高回収率

外圧全量ろ過方式に加え、空気を使用する逆洗方式により、高回収率運転が可能です。排水量が少なく、ランニングコストの低減が図れます。

※内容は発表時のものです。装置の仕様変更等により、異なる場合がありますのでご了承下さい。

▲新型UF膜ろ過装置 WU



【弊社HP:参考情報】                     

■2019/4/22 『愛とひらめきミウラフェア』を、2019年8月から全国5会場で開催いたします。

        http://www.miuraz.co.jp/info/information/2019/01/20195160.html  

■2019/7/23 新たな水処理装置2機種開発中!8月に初公開!〜新型純水ユニット〜 (同時リリース)

        http://www.miuraz.co.jp/info/newsrelease/2019/07/23/1000.html

以上

20190723_アクア二機種リリース 新型UF膜ろ過装置「WU」.pdf

▼お問い合わせ先

三浦工業株式会社 ブランド企画室

TEL:089-979-7019 FAX:089-979-7126

Mail: info_miuraz@miuraz.co.jp


ニュースリリース一覧へ戻る