トップページ  >  新製品情報一覧  >  熱回収式電動エアコンプレッサ 新発売

新製品情報


熱回収式電動エアコンプレッサ 新発売

装置の概要
エアコンプレッサが空気を圧縮する過程では、動力の多くが圧縮熱に変わり、廃熱として捨てられています。
そこで、捨てられている廃熱の回収を行い、温水を取り出し有効利用する熱回収ユニットを開発しました。それにより本装置を産業用エアコンプレッサ大手の株式会社神戸製鋼所製『省エネ型インバータコンプレッサVS1310A』と組み合わせることでコンプレッサ自体の省エネに加え、温水を作り出すことができます。取り出した温水は、ボイラ給水や温水ユーティリティに使用可能で、大幅な省エネ・低CO2を実現できます。
本製品の導入により、熱回収が無い場合と比べて年間でランニングコスト約50%削減、CO2排出量約30%削減(全負荷にて運転時)が実現できます。
特長
1、熱回収で省エネに貢献
熱回収ユニットにより、熱を回収するため、冷却水のムダを極力少なくできます。また、高温水を出湯できるように専用の熱交換器を追加しており、ボイラシステムや温水システムと組み合わせることで省エネを実現できます。

2、温水負荷に対応
熱回収した温水が不要なときは、熱回収運転を停止し、エアコンプレッサ内蔵の熱交換器によりエアコンプレッサ運転を継続することができます。

3、圧縮空気負荷に対応
エアコンプレッサのインバータ制御により、圧縮空気の負荷が変動に最適な電力で対応できます。さらに、圧縮空気負荷が変動しても出湯温度を保ちながら、温水を供給することができます。
VA-1310COの製品詳細情報はこちら
VA-1310COの製品詳細情報はこちら

 新製品情報一覧へ戻る