トップページ  >  新製品情報一覧  >  蒸気駆動エアコンプレッサの新機種「SD-695CO」

新製品情報


蒸気駆動エアコンプレッサの新機種「SD-695CO」

概要
「SDシリーズ」は、三浦工業と産業用エアコンプレッサ大手の神戸製鋼が共同開発した、蒸気を動力とするエアコンプレッサです。
一般的にエアコンプレッサは、あらゆる製造工場をはじめとし、公共施設にいたるまでのユーティリティ(圧縮空気)製造装置として幅広く使用されています。
通常は電気を動力としますが、本機は動力が蒸気であり、これまで利用されていなかった蒸気圧力差エネルギーを有効利用することで省エネ・節電に絶大な効力を発揮します。
軸動力38.6kWの小型機(型式:SD695)で、従来の75kW機及び55kW機に比べ、蒸気使用量の少ないお客様にも導入していただくことが可能となりました。
特長
消費電力99%削減、ランニングコスト85%削減、CO2排出量90%削減という、優れた省エネ性能です。
ゞ酘暗杜呂不要(制御電力のみ1 kW程度使用)。
空気を圧縮する際に発生する熱を温水で回収し、ボイラの燃料低減に利用する「圧縮熱回収ユニット」を標準装備しており、エネルギー効率が高い。
コンプレッサを駆動した後の蒸気も、従来通り工場のプロセスで使用可能。
(余剰蒸気利用であれば、駆動コストが不要となる)
ぅぅ鵐弌璽織灰鵐廛譽奪気汎嬰の優れた制御性能を有する。
SD-695COの製品詳細情報はこちら
SD-695COの製品詳細情報はこちら

 新製品情報一覧へ戻る