トップページ  >  新製品情報一覧  >  純水ユニット WJ

新製品情報


純水ユニット WJ

開発背景
純水は、製薬・化粧品の原料水、精密機器・電子部品の洗浄水などの用途を中心に幅広く市場展開されており、純水製造システムには、安定水質・安定水量・節水・省エネ・環境負荷低減・維持管理費等、より高いレベルが要求されています。
純水ユニットは、RO装置と電気再生式純水装置(EDI)をワンユニットにパッケージ化し、さらにミウラ独自の機能を搭載することで、これらの要求に貢献するとともに、設置スペースの低減、導入時の工期短縮も図れます。
2013年8月より定格処理水量1、2m3/hの販売を開始し、順次3、4m3/hをラインナップに追加します。
製薬・化粧品など、各種工場における製造用水・洗浄用水としてご使用いただけます。
特長
.┘咳薪樟御
○フィードバック定流量制御<省エネ>
 インバータ制御により、水温による影響を受けることなく一定水量を安定供給できるため、給水加温が不要です。
○RO自動回収率切替制御<省水>
 RO回収率を水温に応じて自動制御することで、年間トータル排水量が大幅に削減できます。
○処理水量の切替運転<省エネ>
 稼動負荷に応じて処理水量を多段階に切替え、ROポンプの消費電力を削減します。
○ポンプの省エネ運転<省エネ>
 運転工程毎に、RO加圧ポンプ・脱炭酸用真空ポンプを最適な運転方法に切替えます。

日常管理の省力化、外部水質計の一元管理
カラータッチパネルを採用。タッチパネルにお客様の操作を集約することにより日常運転管理を容易にしました。
ユニットの処理水配管に設けた水質計(別売り)の測定値をユニット用タッチパネルに表示することが可能です。
製薬業界で、電気伝導率・TOC(全有機炭素)などの水質管理を要求される場合、ユニット内部の運転データとともに タッチパネルによる運転データの一元管理が可能になります。

クリーン純水の供給<安定水質>
フラッシング(注1)/内部循環・初期ブロー(注2)機能により、通水開始時から清浄度の高い純水を供給できます。
 (注1):定期的にユニット内部の水を外部へ排出します。
 (注2):通水開始時、一定水質に達するまで循環運転を行います。

ぞ淵好據璽
純水製造に必要な主要機器をパッケージ化することで約40%の設置スペース低減(注3)が図れます。
 (注3):当社機器単体システム構成との比較

ゥンラインメンテナンス対応
通信による遠隔監視と充実したメンテナンスサービスをご提供します。

Τ板ダ
使用条件(原水水質・運転条件等)に応じて搭載機器を最適化できます。
WJ
WJ

 新製品情報一覧へ戻る