トップページ  >  新製品情報一覧  >  イオン交換式純水装置

新製品情報


イオン交換式純水装置

開発背景
イオン交換式純水装置は、初期導入コストを重視した純水製造システムで普及しております。イオン交換式純水装置ではイオン交換樹脂の定期的な薬品再生が必要になり、再生効率の向上・再生時間の短縮化が、環境負荷・維持管理費の低減、安定供給に繋がります。
現在、三浦工業と日本錬水では環境負荷・維持管理費の低減、安定供給を追及した新型イオン交換式純水装置を開発中です。定格処理水量3m3/h、5m3/hの2機種を年度内に販売開始する予定です。
各種工場・施設の各種洗浄用水、プロセス用水、原料水としてご使用いただけます。
特長
|算間再生
カチオン塔とアニオン塔を同時再生することにより再生時間を約30%短縮(注1)できます。

∈得弧品の使用量低減
向流再生方式を採用することにより薬品使用量を約30%低減(注1)できます。
(注1):当社混床式純水装置比

再生剤流量カウント
計量槽不要で再生剤をダイレクト供給します。流量カウントで確実再生を実現します。

て常管理の省力化
カラータッチパネルを採用。タッチパネルにお客様の操作を集約することにより日常運転管理を容易にしました。

ゥリーン純水の供給
初期ブロー機能により、通水開始時から清浄度の高い純水を供給できます。

 新製品情報一覧へ戻る