トップページ  >  株主・投資家の皆様へ  >  経営指針

経営指針

1.グループの総合力でグローバル化を推進する。

ミウラグループ全部門の協力で積極的に海外展開を推進し、ミウラの商品とサービスが世界標準となるよう目指します。

2.テクノサービスで世界のベストパートナー企業を目指す。

ボイラを通じて培ったお客様との信頼関係を活かして、お客様の抱える熱・水・環境に関する問題解決提案型の企業となります。それにより、お客様と更に強固な信頼関係を構築することを目指します。

3.社員の潜在能力が最大限発揮できる職場作りを目指す。

全ての社員に、より良い変化を求めてチャレンジできる機会を均等に与え、多様な価値観を尊重しつつ、公平で活力ある会社とします。そして、個人の能力を最大限に引出すことにより、世界と戦える人材を育てます。