ストーン・サークル 屋外ギャラリー

庭園では、陶板画作品と彫刻を常設展示しております。
隠れた桜の名所としてにぎわう春をはじめ、四季折々、 自然と芸術が作り出す空間をお楽しみいただけます。


彫刻  
速水史朗作品「ながれのかたち」
速水史朗作品「ながれのかたち」  

陶板画  
三浦保作品「夜明けの夢」「赤と黒IV」
三浦保作品「夜明けの夢」「赤と黒IV」
 


三浦美術館常設展示作家
■三浦 保
三浦工業(株)の創業者。陶芸、美術工芸品を高く評価し、資料収集を行いながら、創作に打ち込む。陶芸、陶板画、書と、多岐にわたり芸術活動を行っていた。特に陶板画は、窯から製作する打ち込みようで、当館所蔵の陶板画はすべてアトリエで制作されたもの。

■ネルソン・ドミンゲス
キューバで最も注目されている現代芸術作家。日本でも知名度が高い。当館とは縁が深く、常設展示をはじめ、油絵、絵皿、陶板画の収蔵品がある。

■野見山暁治
戦後の日本美術の第一線で活躍しつづけている画家の一人。ミウラート・ヴィレッジでは、氏が当館で制作した陶板画、陶画皿を所蔵。

■速水史朗
石の抽象彫刻の第一人者でもあり、瓦という特殊な素材の作家でもある。ミウラート・ヴィレッジでは、氏が三浦グループで制作を行ったステンレスの作品「2000年のオバケ」も所蔵している。

■長谷川逸子
有名な女性建築家。全国各地で建築を手がけ、ここ、松山にもいくつかの建築がある。ミウラート・ヴィレッジ内には、建築だけでなく、三浦保氏との合作の彫刻「空のかけら」、美術館側面の陶板画も手がけている。

 
Copyright © Miurart Village Art Museum. All Rights Reserved.三浦工業株式会社トップページへ