ミウラート・ヴィレッジ(三浦美術館)|Miurart Village

ミウラート・ヴィレッジ
(三浦美術館)について

ホーム > ミウラート・ヴィレッジ(三浦美術館)について

ミウラート・ヴィレッジ(三浦美術館)について

国内外の芸術家の作品とともに、来館される皆様をお迎えしております。

ミウラート・ヴィレッジは、三浦工業(株)グループの創業者三浦保氏(1928~1996)が、生前に企画し1998年に竣工した美術館です。
三浦工業を創業後、一代で上場企業までに高めた企業家として、またたぐいまれな技術者としての手腕をふるい、幅広い分野に経営哲学の基となる考え方を求めました。特に芸術においては、実践者として本格的に取り組み、茶陶をはじめとする陶芸において独自の境地を開拓しました。その後、晩年には「ミウラート」と名付けられた陶板画の世界に到達致しました。
氏の意向により、その「ミウラート」群が美術館の屋外に展示され、その後に制作展示された国内外の芸術家の作品とともに、来館される皆様をお迎えしております。
折々に開催される見応えのある企画展と、併せて行われる子供たちのワークショップとが特徴のある美術空間を創っております。

施設紹介

庭園では、陶板画作品と彫刻を常設展示しております。
隠れた桜の名所としてにぎわう春をはじめ、四季折々、 自然と芸術が作り出す空間をお楽しみいただけます。

施設紹介はこちらから

施設紹介
屋外に展示される彫刻作品群

主な収蔵作品と作家

国内外の芸術家の作品とともに、来館される皆様をお迎えしております。

主な収蔵作品と作家はこちら

主な収蔵作品と作家
収蔵品《牧童蒔絵印籠》(部分)

三浦保について

三浦保(1928-1996、愛媛県松山市出身)は三浦工業(株)の創業者。実業家として多忙を極める中、美術品の蒐集を行いながら、自らも陶芸、陶板画、書と、多岐にわたり芸術活動を行っていました。特に陶板画は、三浦保が生み出した制作技法で、識者より「ミウラート」と命名されました。

三浦保についてはこちら

三浦保について
三浦保氏(自宅にて)

関連リンク

開催中の展覧会情報

pagetopへ