池川直展〜記憶のかたち〜
これまでの特別企画展


ポセイドン  

平素は、ミウラート・ヴィレッジをご支援いただきありがとうございます。 今回の企画では、鹿児島在住の彫刻家、池川直氏のご協力により、ブロンズを中心とした彫刻作品展「池川直展〜記憶のかたち〜」が開催できることになり、感謝いたしております。
池川氏は鹿児島大学教授として教鞭を執られているのですが、同時に独自の作品造りも精力的に進めておられます。氏の作品は学校などの教育施設、官公庁の施設を中心に設置されており、各方面からの高い評価を受けていることが判ります。
ところで、氏のお父上である彫刻家、池川敏幸氏は愛媛県温泉郡重信町のご出身であり、故三浦会長ともお知合いであったとお聞きしております。愛媛を離れられ香川に移られた後も、墓参のためなどに、ご家族で重信町へよく来られていたとのことです。そのようなことからか、私どもからの提案に快く応じていただき、今回のご子息である池川直氏の展示会に対し、特別に数点の作品を協賛出展いただけることとなりました。氏を良くご存知の方々にも、いろいろな意味で喜んでいただけるものになると期待しています。
また、ブロンズを素材とした彫刻展は当館では初めてのことでもあり、更に愛媛県に縁のある芸術家の作品展と相俟って、県内において芸術の道を志す若い人たちにとって、大きい刺激になると思われます。
今回も、当館企画展恒例行事となってきましたが、池川直氏によるワークショップを実施することになっております。参加対象は小、中、高校生の予定です。粘土を削りだす方法での立体の制作にチャレンジしてもらおうというものですが、池川先生からの限られた時間内でのレクチャーの後、どんな作品が生まれてくるのか楽しみにしています。
学会や、彫刻作品のテーマ探しなどのために、訪れられた先々で描かれた味わい深いスケッチなども含めて、まさしく「池川直の記憶のかたち」をご覧いただきたいと思います。

Copyright © Miurart Village Art Museum. All Rights Reserved.三浦工業株式会社トップページへ