ボフミール・エリアッシュ展
〜光と色彩のガラス造形〜
これまでの特別企画展

ボフミール・エリアッシュ展〜光と色彩のガラス造形〜 2009年8月23日(日)〜10月12日(月・祝)
<ポスター抜粋>

ボフミール・エリアッシュ展〜光と色彩のガラス造形〜 2009年8月23日(日)〜10月12日(月・祝)
<チラシ抜粋>


この度、国際的に有名なチェコ共和国のガラス造形作家、ボフミール・エリアッシュ氏の作品展〜光と色彩のガラス造形〜を開催させていただけることとなりました。
エリアッシュ氏はチェコを代表する国際派ガラス造形作家であり、その斬新かつ独創的なデザインと色彩は、多くの人を魅了し続けてきております。氏の作品は「絵画」と「ガラス」という二つの表現手法を融合させた独自の美を醸し出しており、そのダイナミックな造型感覚と色彩表現は世界中から高い評価を受けております。世界中でエネルギッシュな活動を行い、チェコのガラス芸術界の発展に大きく寄与してきました。
もともとチェコ共和国は、ボヘミアンガラス工芸の長い伝統を持っており、様々な民族的、国家的苦難を乗り越えながら、およそ400年に渡って、他国に例を見ない充実した教育システムの敷設と新たなガラス芸術の育成を続けてきました。エリアッシュ氏はもとは画家であり彫刻家ですが、こうしたチェコの優れた教育システムの下で先鋭的なガラス造形を学び、ガラス造形の可能性に魅せられ、数多くの優れた作品を2005年に急逝するまで世に送り出しております。
今回の企画展は、ボフミール・エリアッシュ氏の日本初となる本格的な回顧展であり、日本未公開の作品を含む遺作約50点をご紹介します。愛媛の地にこれほど斬新かつ独創的な美しいオブジェをご紹介出来ますのは当館としましてもこの上ない喜びです。自然光がやさしく入る展示空間にて、心ゆくまで現代ガラス芸術をお楽しみください。

ミウラート・ヴィレッジ  館長 白石 省三

展示作品紹介

 

ボフミール・エリアッシュ展〜光と色彩のガラス造形〜
2009年8月23日(日)〜10月12日(月・祝)

開館時間
9:30〜17:00(入場は16:45まで)
休 館 日
月・火曜日(祝祭日は開館)
入 場 料
一般500円、高大生300円、中学生以下無料

<関連イベント>
8月23日(日) ・9月20日(日) 1:30〜2:30
作品解説会
※入場料のみでご参加いただけます。申し込み不要。 

作家略歴

 

Copyright © Miurart Village Art Museum. All Rights Reserved.三浦工業株式会社トップページへ