オチ・キクハル展 〜自分探しの軌跡
これまでの特別企画展

オチ・キクハル展〜自分探しの軌跡 2013年4月27日(土)〜6月9日(日)


このたび、ミウラート・ヴィレッジでは「オチ・キクハル展〜自分探しの軌跡」を開催いたします。
オチ・キクハル氏は1948年に宇和島市・津島町に生まれ、今年65歳を迎えます。オチ氏はおおよそ30年間の北海道での制作活動を経て故郷に戻り、新境地を切り開き、新しい制作にチャレンジしております。
今展は、高校時代に描いた作品をはじめ、家業を継ぐ決意をしつつも芸術の道へと導かれた時代(越智喜久春)、北海道の地でその風景に魅せられ描き続けた時代(越智紀久張)、そして現在(オチ・キクハル)の作品を展示し、氏の歩んで来た軌跡を辿る展覧会です。名前をそれぞれの時期に変えてきておりますが、その理由がはっきり理解できるほど作品は変貌し、衝撃を与えています。一人の作家から生まれたとは思えないその画風の変化は、氏の歩んできた軌跡をまさしく現わすものであり、自分を探し続け向き合ってきたことを、作品を通して感じていただけるものと思っております。
「オチ・キクハル」と名前をカタカナに変えてからの作品の中にあふれる奇妙な曲線の生態は、今後、益々力を帯びて生まれ出てくることでしょう。そしてその先、また新たな境地に到達し、誰もが想像もつかない世界が描かれるはずです。オチ・キクハル氏の軌跡、そしてこれからに思いを馳せながらご鑑賞いただければ幸いです。

ミウラート・ヴィレッジ (三浦美術館)

オチ・キクハル展〜自分探しの軌跡

2013年4月27日(土)〜6月9日(日)

開館時間
9:30〜17:00(入場は16:45まで)
休 館 日
月・火曜日(祝祭日は開館)
入 場 料
一般600円、高大生300円、中学生以下無料

 

作品紹介
Copyright © Miurart Village Art Museum. All Rights Reserved.三浦工業株式会社トップページへ