■傅益瑶 日本の祭り絵展
これまでの特別企画展

傅益瑶 日本の祭り絵展


 

ミウラート・ヴィレッジでは、「傅益瑶・日本の祭り絵展」を開催いたします。
傅益瑶(フ・イーヤオ)は中国江蘇省南京市に、中国近代画壇の巨匠・傅抱(フ・ホウセキ)石の第五子として生まれました。「中国画を学ぶ者は古典の素養が不可欠」という父の方針により南京師範大学で古典文学を専攻し、その後は南京博物院で中国絵画史の研究に従事しました。1980年に国費留学生として来日し、武蔵野美術大学で日本画を学び、東京藝術大学で平山郁夫画伯に師事、敦煌壁画の研究を行いました。
独特の文化や習慣を持つ日本の祭りに特に強い関心を抱いた傅益瑶は、各地の祭りを中国伝統の水墨画に日本画の技法を取り入れた独特の画風で描くようになります。今展では特別に愛媛を代表する西条祭り、新居浜太鼓祭りの魅力を傅益瑶の筆に託し、その作品を含め、日本各地の祭りを描いた作品をNPO法人日本祭礼文化の会の御協力を得てご紹介いたします。

ミウラート・ヴィレッジ (三浦美術館)



傅益瑶 日本の祭り絵展

2015年8月30日(日)〜10月18日(日)

開館時間
9:30〜17:00(入場は16:45まで)
休 館 日
月・火曜日(祝日は開館)
入 場 料
一般800円(前売り600円)、高大生300円、中学生以下無料

※65歳以上の方は年齢確認ができるものをご提示いただければ一般料金の半額となります。
※障害者手帳をご持参の方はご本人と同伴者1名様まで各料金の半額となります。


Copyright © Miurart Village Art Museum. All Rights Reserved.三浦工業株式会社トップページへ