トップページ  >  製品情報  >  省エネ診断

ボイラもエアも水処理設備も あなたの工場の現状をミウラが「見える化」

省エネ診断お申込み

ミウラの診断から始まる工場トータルソリューション

ミウラでは、工場省エネの第一歩として各種設備の省エネルギー診断を実施しております。
現在までの総分析件数は、35,000件以上!
まずは、エネルギーの現状を「見える化」し、課題を発見します。さらに解決策をご提案します。

省エネ診断、受付中

ミウラの診断ポイント!ここがスゴイ!

  • ボイラ診断
  • エア診断
  • 水流量診断

ボイラ診断

日誌分析

ミウラの日誌分析“ここがスゴイ”

ボイラの管理日誌をお借りしてデータを解析し、季節変動など通年傾向を確認します。

  • 効率は、入出熱法、熱損失法で算出。データの信頼性も検証します。
  • 高効率最新設備に入替えた場合のコストメリットを試算します。
  • コスト削減を燃料だけでなく、維持費なども加味した諸費用からアプローチします。

負荷分析

ミウラの負荷分析“ここがスゴイ”

ミウラが自社開発した負荷分析装置を使用して、蒸気変動を秒単位で測定することで、最適な容量選定を行うことができます。

  • 他社、自社ボイラ、年式問わず計測可能です。
  • 多種多様な信号に対応した「非接触センサ」を活用することで、原則、データ計測にあたってボイラを停止させません。

負荷分析装置

シミュレーション

ミウラのシミュレーション“ここがスゴイ”

最新設備へ入替えた場合の、負荷追従性を事前にシミュレーションし評価します。装置の電子制御基盤もすべて自社生産のため、高いシミュレーション精度となっております。

  • 本社実演ルームで実証確認(見学可能)

エア診断

ポイント1電流値を測定します。

測定機器

ミウラのエア診断“ここがスゴイ”

測定した電流値から、見えない空気量を「見える化」。既設コンプレッサの気付かなかった問題点を調査・解決案をご提案します。ミウラのエアコンプレッサ 導入シミュレーションも実施します。

ポイント2

現状把握の結果から最善な稼動方法をご提案します。

  • 稼動順の見直し
  • 無駄なアンロードの削減
  • インバータ機の導入
  • エア漏れの確認

ポイント3

コンプレッサとポイラとの同時計測により、蒸気駆動エアコンプレッサ(SD)、熱回収式電動エアコンプレッサ(VA)とのマッチング調査を実施します。
これらの導入が難しい場合でも、インバータ化や台数制御導入など最適な省エネシステムをご提案します。

水流量診断



センサ取付状況

水流量診断とは適正容量の見直し

超音波式流量計により、プロセス毎の水使用量を同時計測。そのデータを、分析専門チームが解析、グラフ化します。

主配管の「積算流量計」では判らない、
@ライン毎の水利用状況
A設備増設・変更などで把握できなくなった瞬間
 的なピーク負荷など
ミクロな「見える化」を行い、水処理システムの設備容量見直しを行います。

ミウラの水流量診断ここがスゴイ

  • 工場稼働中に流量センサ取付可能です。
  • 幅広い配管(25〜300mm)、ワイドな水温
    (0〜60℃)で測定可能です。
  • 温度、その他水質も必要に応じて同時計測します。


水流量診断 タンク水位シミュレーション

水位シミュレーションで何が判りますか?

新設タンクが適正容量か検証するための
シミュレーションを行います。
@タンク水量の制御幅は、約60,000L80,000L
Aピーク負荷時、使用水量は、約45m³/h
Bピーク負荷時、タンク水量は、
 約45,000Lまで下がる
CL水位時に不測の事態で装置が停止。
 連続して10³/hの水を供給可能な時間は、5時間
D設備容量を50→30³/hに低減可能




水道料金削減のため、井水(地下水)や工業用水を有効利用できないか?

  • 井水(地下水)、工業用水といっても地域によって水質は大きく異なります。
    そのため、ミウラでは水分析・ろ過診断を実施します。

全国の営業所一覧

全国の営業所一覧