トップページ  >  製品情報  >  食品機器  > 冷却

冷却

調理物を急速冷却することで食品の劣化と菌の繁殖を抑制

急速冷却が可能

食感向上と衛生面向上

用途
  • 食品の冷却
資料請求・お問い合せ

お客様の環境、用途・目的に応じた
「冷却」をご提案します。

  • 冷却機
  • 真空冷却とは
  • 真空ポンプ方式とは

冷却機

無題ドキュメント
蓄氷型真空冷却機 JOシリーズ

蓄氷型真空冷却機
JOシリーズ

標準処理量
100〜200kg/バッチ
真空冷却機 CHシリーズ

真空冷却機 CHシリーズ

標準処理量
120〜240kg/バッチ
真空冷却機 CMJ・CE

真空冷却機 CMJ・CE

標準処理量
20〜120kg/バッチ
冷風真空複合冷却機 CY

冷風真空複合冷却機 CY

処理量
30〜200kg/バッチ

真空冷却とは

真空冷却機は、槽内の圧力を低下させることで、加熱された調理物の水分蒸発をうながし、気加熱によって温度を奪うことで冷却するものです。短時間で冷却が可能です。
ミウラは最適な真空冷却のススメをご提供します。

大量調理施設衛生管理マニュアルにおいても、急速冷却が求められています。

厚生労働省
大量調理施設衛生管理マニュアルより抜粋文

加熱調理後、食品を冷却する場合には、病原菌の発育至適温帯(約20℃〜50℃)の時間を可能な限り短くするため、冷却機を用いたり、清潔な場所で衛生的な容器に小分けなどして、30分以内に中心温度を20℃付近(または60分以内に中心温度を10℃付近)まで下げるように工夫すること。

真空冷却とは

真空ポンプ方式とは

衛生重視の真空ポンプ方式

ミウラの真空冷却機は水封式真空ポンプ方式のため汚れの堆積箇所が少ない構造で、非常に衛生的です。
また、真空ポンプは、独自の技術開発により、高信頼性と長寿命化を実現しました。

衛生重視の真空ポンプ方式

ミウラの真空ポンプは業界の最高レベルです

  • 省エネ設計

    真空ポンプ運転時の封水量は従来機種と比較して
    約20%の大幅な省エネ運転を可能にしました。

  • 信頼性重視設計

    インペラはSUS製、ケーシングはエンジニアプラスチックを使用。
    腐食の心配はほとんどありません。
    それらがアルミや鉄製の場合は、食材等により腐食や減肉で性能劣化や故障の要因となります。
    また、メンテナンスフリーで、自社製かつコンパクトなため、急な故障にも迅速に対応します。

  • パワフル設計

    インペラを2段に設けることで、高真空度を実現しました。

  • コンパクト設計

    ポンプ部とモーター部を直結し、コンパクトボディを実現しました。
    従来品と比較し、設置スペースは約70%に抑えました。

MEA型水封式真空ポンプ

資料請求・お問い合せ