トップページ  >  製品情報  >  食品機器  > 調理  >  食品加熱冷却機 CQ

調理(調理機ならミウラ)

食品加熱冷却機
CQ

パック食材専用

CQ-120・240

CQ-120

お問い合せ・資料請求はこちら

カタログ閲覧ページはこちら

▼こちらのページもあわせてご覧ください。

加熱・冷却がこれ1台!!

温度ムラの少ない急速加熱と急速冷却
食材の品温制御により、食品の安全安心を実現します。
真空調理にも、威力を発揮します。

特長

  • 加熱・冷却がこれ1台

    新開発のスプレー式で、ムラの少ない急速加熱・急速冷却ができます。

  • 省力・省スペース

    加熱・冷却が一台で行えるため、省力・省スペース化を実現しました。

  • 高機能

    加熱・冷却温度調整が可能で、多様な自動制御運転がおこなえます。品温、スプレー噴射温度の監視等温度と時間の管理が充実しています。

用途

真空調理

加熱冷却に関する法令・指針

・法令や指針に従った加熱や冷却を行い、食の安全を確保する必要があります。

加熱冷却に関する法令・指針

食中毒細菌の危険性

・10℃以下でも食中毒細菌は生育します。
・食中毒を防ぐには、加熱ムラを抑えた確実な加熱が大切です。
・特に、3℃以下で保存するクックチル食品では重要になります。

食中毒細菌の危険性

加熱・冷却がこれ1台!

食材(真空パック済み)ごとの加熱・冷却条件をセットし、加熱と冷却が自動で行えます。
CQ型なら加熱・冷却がこれ1台で可能となりました。
また、真空調理に必要な精緻な温度管理ができます。

加熱・冷却方法の違いを比較しました。CQ型の加熱冷却性能をご確認ください。

加熱・冷却方法の違いを比較しました。CQ型の加熱冷却性能をご確認ください。

スプレー式により、ムラの少ない急速加熱と冷却が行えます。

必要な加熱・冷却温度、時間を満足させる自動コントロール機能

自動運転機能で加熱から冷却まで精緻な運転が行えます。

加熱・冷却条件に合わせたカスタムプログラムを呼び出して、スタートスイッチを押すだけの簡単操作で運転ができます。

自動運転機能で加熱から冷却まで精緻な運転が行えます。

3段階の加熱工程と冷却工程、保冷工程を個々に選択して実施できます。オーバーナイトクッキングにも対応できます。

品温制御運転

品温センサ取り付け状況

”品温制御”にて、噴射温度と食材の加熱・冷却温度を設定し運転させます。
必要とした所要時間と加熱条件をカスタムプログラムに登録します。

資料請求・お問い合せ

お客様の環境、用途・目的に応じた
「調理」をご提案します。

調理機

飽和蒸気調理機 CK・CL

飽和蒸気調理機 CK・CL

最大処理量
20〜210kg/バッチ
食品加熱冷却機 CQ

食品加熱冷却機 CQ

最大処理量
120〜240kg/バッチ
資料請求・お問い合せ