トップページ  >  製品情報  >  メンテナンス体制

ミウラのメンテナンス体制

ミウラは高度なワンストップ・メンテナンスサービスを実現し、お客様のベストパートナーを目指します。

ミウラは他社では真似のできないテクノ・サービスをご提供するため、
人材、組織、設備に妥協を許しません。

小型貫流ボイラ事業でのトップシェア、約60,000台以上のオンラインメンテナンス契約など、
お客様から高い評価を頂いております。

トラブルを事前に防止「ビフォアメンテナンス」

メンテナンスで最も大切なことは、トラブルを未然に防ぐことだとミウラは考えます。
オンライン上でお客様の機器を24時間見守りながら、定期点検にて先行で部品交換し、調整を行うことで故障を未然に防ぎます。
さらに、初期性能を維持するとともに、お客様の手間やランニングコストの削減に貢献します。

メンテナンスの基本は”人”

  • プロスタッフ

    1,000名以上のサービスエンジニアを全国約100ヶ所の営業拠点に展開。お客様をサポートします。

  • 教育プログラム

    独自の社内資格制度や公的資格制度での体系的なスキルアップと、本社「三浦研修所」で最新の技能を習得しています。

  • プロツール

    メンテナンスカーには各種専門工具、計測器を搭載し、サービス活動を行っております。

  • ICT(情報通信技術)を活用したサービスの向上

    タブレット端末を全サービスエンジニアに導入し、技術資料やお客様情報の閲覧の他、動画による作業マニュアルやテレビ電話システム等、映像による現場支援を本社や営業所から実施し、より的確かつスピーディなメンテナンスサービスを目指しております。
    また、メンテナンスレポートをタブレット端末上で作成し印刷するためのモバイルプリンターを導入しています。

パーツ供給体制

本社物流センターでは、西日本最大級の自動立体倉庫にて、お客様のご要望にお応えします。メンテナンス部品は全てバーコードでオンライン管理しており、北海道から沖縄まで全国どこへでも部品を迅速にお届けいたします。


ミウラ独自の保守契約制度  ZMP

ZMPは、ミウラ独自のボイラ保守契約制度として1972年にスタートし、今では水処理機器、食品機器、メディカル機器など、ミウラのメンテナンスの基本となっています。
サービスエンジニアによる定期点検、維持管理を実施、契約期間中の故障修理も保証。安心してミウラの製品をお使いいただけます。

24時間365日のバックアップ体制

お客様の機器と、ミウラ(ZISオンラインセンターと全拠点)をオンラインで結び24時間365日のバックアップを行います。また、夜間休日も輪番制でサービスエンジニアが待機し、トラブルに対応いたします。

24時間バックアップ体制(オンラインメンテナンス)

ミウラ独自のZMP保守点検契約制度は、サービスエンジニアによる定期点検、維持管理を実施し、トラブルを未然に防ぐビフォアメンテナンスです。夜間休日も輪番制でサービスエンジニアが待機し、トラブルに対処いたします。

  • 異常対応体制

    異常通信を受けて、異常のデータ分析や、個別通信でデータを調査します。また、内容に応じまして、お客様に電話にて連絡し対応等を検討します。異常判断に際しては、ミウラが長年培ってきたメンテナンスノウハウをもとに確実に対応するように努めています。

  • 転送システム

    原則として、平日昼間はお客様の近くのメンテナンス拠点で、全て対応します。しかし、担当拠点が不在の場合は、異常通信データを別のメンテナンス拠点に転送することができます。
    夜間及び休日は、本社ZISオンラインセンターで対応しますので、文字どおり24時間体制になっています。

  • 月報通信フロー

    月間の蒸発量と燃料使用量、効率等の診断データを毎月送付します。またスケール付着の傾向管理もこの表で一目で分かります。

  • 通信レポートの構成

    着火回数や高燃焼時間等の経歴データ、不着火回数や途中消炎回数等の異常データ、逆流・凍結等の予知データ、ブロー率等の熱管理データ、給水能力等のメンテナンス管理データ、最近発生した予知警報を表わす異常予知5項目です。

ミウラのオンエアーメンテナンス
ボイラに携帯通信ユニットを取り付けることで、今まで一般電話回線敷設が困難だったお客様におすすめいたします。
※新規のお客様にはご都合によって、一般電話回線(オンラインメンテナンス)か携帯通信網(オンエアーメンテナンス)をお選びいただけます。

災害の際にも、お客様を強力にサポート

ミウラは、どんなときも、お客様のビジネスを継続し、安全・安心を守るサービスの提供が使命であると考え、お客様へのサービスの継続、早期復旧を目標とした災害対策に取り組んでいます。

行動指針

有事体制の強化と事前対策の取り組みにより、安定的なサービス提供を継続しお客様の信頼獲得を実現します。

被災地域に対する早期復旧支援
災害発生時、被害を受けられたお客様への製品供給・サービス提供の継続

被害想定

「内閣府中央防災会議」発表資料に基づき、東海・東南海・南海地震および津波による被害を想定しています。

  • ※被害想定では、3ルートある本州四国連絡橋のうち西瀬戸自動車道は、当日中に通行が再開されると見込まれていますので、本社と本州の陸路は確保されると考えています。

緊急時の組織体制第2 ZISオンラインセンター

被災により愛媛本社の機能がマヒした場合に備え、栃木支店にオンラインメンテナンスRのバックアップシステムを設置しています。実務担当者には毎年実地訓練、研修を実施し、いついかなるときもお客様の設備を見守れる体制を構築しています。
また、業務に最低限必要なデータは、バックアップサーバに蓄積し国内だけでなく、海外拠点の事業も継続できるよう備えています。

規制除外車両事前申請制度の活用医療用機器に対する初動体制への備え

災害時の通行規制に備え、医療用機器の業務に従事する車両を規制除外車両として事前申請し、有事に備えています。

災害GIS(地理情報システム)GISを活用した災害支援ツールを開発

視覚的な被害状況の把握や、復旧支援の進捗確認などさまざまな場面での活用を考えています。
また、東日本大震災の原発被害の経験から、危険地域周辺などで実際に作業に従事できる希望者を事前に社内募集しており、迅速な人員確保と、初動のスピードアップを図っています。

在庫管理、部品・薬品の確保生産部門のBCP策定目標→被災後1ヶ月以内での正常化

過去の災害経験から、被災時の必要部品を選定、安全数量を確保しています。本社機能の復旧までの最大1ヶ月、全国約100ヵ所の拠点間で製品や部品、薬品の融通ができるよう備えています。
とくに、消耗品として大量に必要な軟水器用再生塩については、製塩業者と個別にBCP対策を協議し、分散在庫の強化など、在庫の確保を図っています。

人材育成

日々、進歩する技術革新と、お客様型のご要望にお応えできるよう、ミウラ教育プログラムに基づき、サービスエンジニアの人材育成を行っております。

三浦研修所

緑あふれる環境の中、自社の研修施設を完備しています。(最大110名の宿泊施設)

  • 1年間で開催される研修は200回を超え、約5,000名の社員が研修を行っています。
  • 実習場には実機を備え、実技試験も行っています。
  • 海外グループ社員の研修も数多く開催し、グローバル化に対応しています。

ミウラの公的資格取得者数

公的資格名 合格者数
ボイラー技士 1439
ボイラー整備士 679
管工事主任技術者 318
危険物取扱者 1254
エネルギー管理士 273
毒劇物取扱責任者 538
公害防止管理者 186

(2018年3月末時点)