トップページ  >  製品情報  >  舶用機器  >  メンテナンス

舶用機器 - メンテナンスサービス

検査工事

ドック時の定期検査を始めとする開放検査工事を行います。水管の内部検査はファイバースコープでおこない、スケール付着の状況と腐食の調査をします。この点検結果にもとづき水質管理を含めた総合的な本船への指導を行います。

A.C.C点検

開放工事の最終検査として自動制御装置と安全装置の確認、燃焼調整を行います。
データは本船用ファイルに保存され今後のトラブル時に活用され、本船乗組員への取扱い上における質問や疑問にお答えします。

水分析サービス

ボイラを効率よく安全に、そして正しい水質管理を励行して頂く一端として、水分析の無料サービスを行っております。最寄りの港に入港した場合には、お気軽に給水及びボイラ水等のサンプルをお送りください。詳しく分析した上で、ボイラ水の現状を把握するとともに、適切なアドバイスを致します。

トラブルシューティング

運航中におけるボイラのトラブルの発生は船舶の運航に大きな支障をきたす恐れがあります。これらのトラブルに対してメーカーの技術力で、最短の時間で修理復旧をいたします。また、新造時の試運転データを始め現在までの本船の経歴をファイルしております。今後のボイラの運転管理にお役立てください。バーナ装置を含めた付属機器が自社製ですので、ほとんどの部品について常時在庫しております。

修理工事

水管交換、その他応急修理など、アフロート、ドック工事を問わず対応致します。水管材料の常時在庫をもっており納期、工期につきましても柔軟に対応させていただきます。どのような工事においても、そのノウハウを蓄積しており最短の時間での工事をお約束いたします。