トップページ  >  製品情報  > 医療用機器  > 管理装置  >  滅菌管理装置 SO-10W

管理(管理装置ならミウラ)

滅菌管理装置
SO-10W

SO-10W

お問い合せ・資料請求はこちら

カタログ閲覧ページはこちら

▼こちらのページもあわせてご覧ください。

特長

  1. 1. モニタリング

    滅菌器の状態をモニタ監視できます。
    また、運転データだけでなくオペレータも一目で確認できます。

    状態一括モニタ

  2. 2. 異常監視

    異常発生内容と発生時の状況確認ができるため、異常時の対応が迅速に行えます。もちろん過去の履歴も確認できます。

    異常モニタ

  3. 3. 滅菌データを電子データで管理

    バイオロジカルインジケータ、ケミカルインジケータの合否判定を入力・保存する機能で特許取得(国内特許第3414291号)「医療現場における滅菌保証のガイドライン2010(日本医療機器学会)」に沿った滅菌データを自動的に収集して電子データとして保存します。

    個別モニタ

滅菌管理を電子データで

従来、記録紙にて保存していた滅菌記録を電子データで管理することが可能となります。Windows®対応

帳票作成が簡単

自動保存された滅菌データはExcel形式で書き出しができるため、バイオロジカルインジケータ、ケミカルインジケータ、ボウィーディックテストの合否判定の結果入力も含めて滅菌データの帳票作成が簡単に行えます。もちろん異常発生時のデータや稼働データもExcelで帳票作成ができます。

滅菌データ帳票作成

滅菌物品質管理

汎用ネットワークを採用しているため他社製品とのデータ送受信が技術的に可能になりました。滅菌物の品質管理システムの構築により滅菌に関するトレーサビリティ証明が可能になります。
(詳細は別途ご相談を受け賜ります)

「医療現場における滅菌保証のガイドライン2010(日本医療機器学会)」では、記録には以下の項目が含まれることとして、あげられています。

  • ① 保持時間での滅菌温度と滅菌チャンパー内圧力
  • ② 保持時間内の維持時間
  • ③ 滅菌温度幅
資料請求・お問い合せ

お客様の環境、用途・目的に応じた
「管理装置」をご提案します。

管理装置

滅菌物品管理 システムRJ

滅菌物品管理システム
RJ

用途
滅菌物の履歴管理、トレーサビリティによる品質管理・所在管理
滅菌管理装置 SO-10W

滅菌管理装置
SO-10W

用途
滅菌器の状態監視、滅菌データの管理
資料請求・お問い合せ