ミウラだから、熱・水・環境のテクノロジー 「省電力」の提案です。
ミウラの技術力が

節電対策・熱の安定確保を実現!

節電のカギは「省電力」なコンプレッサ

ご存知ですか? 工場全体の消費電力の20%〜30%はエアコンプレッサによるものです。
エアコンプレッサを見直すと大幅な節電対策が可能です!

エアコンプレッサによる圧縮空気の用途は、動力、搬送、塗装工具からブロー用にいたるまで多岐にわたります。工場だけでなくビルや病院など多くの施設で使用されています。
エアコンプレッサの消費電力は生産に直結する消費エネルギーの1つであり、その割合は工場全体の上位にランクされます。

そこでミウラがご提案
”熱回収”と”蒸気駆動”という発想でエアコンプレッサのランニングコストとCO2排出量の大幅な削減を実現します! 従来の電気駆動式エアコンプレッサとミウラの蒸気駆動エアコンプレッサの比較図

工場での消費電力の上位を占めるエアコンプレッサを見直せば、工場全体の省エネ改善効果が期待できます。
ミウラでは、捨てていた熱エネルギーを有効利用できるシステムと、動力として電気を使わないエアコンプレッサを合わせて、その名も『蒸気駆動コンプレッサ』を誕生させました。

このような設備なら大幅な節電対策が可能です! ボイラ設備容量が6t/h以上ありませんか? 蒸気配管に減圧弁はありませんか? エアコンプレッサ設備が100kw以上ありませんか?

この3つの条件が揃えば、大幅な節電、CO2削減を実現できる可能性があります!
今すぐお問い合わせください。

”省電力”を可能にしたのは、ミウラの熱・水・環境のテクノロジー。ミウラでは、長年、熱エネルギー利用技術と水処理技術に加え、環境関連技術分野に力を注いできました。

ミウラだからできること・・・蒸気でエアコンプレッサを回す

多くの工場で熱源として蒸気ボイラが使用されています。
ボイラから発生する蒸気は、高圧のまま使う負荷機器にも送られますが、たいていの場合、減圧弁を用いて圧力を低下させ負荷機器に送られます。
ミウラは、その蒸気圧力差が持つエネルギーに着目し、その圧力差エネルギーでエアコンプレッサを回すことで、電気代を大幅にカットします。さらに、空気圧縮時に発生する、これまで捨てられていた圧縮熱を圧縮熱回収ユニットで効率よく回収します。その圧縮熱で高温水を作り、ボイラの給水予熱などに利用できます。

ミウラのシステム提案 既設の蒸気と圧縮熱の有効利用
蒸気を使ってさらなる工場の省エネ・CO2削減を!Steam Drive-Compressor
蒸気のエネルギーからエアを作るので、駆動電力が不要です!

減圧する蒸気を取り込み、その蒸気膨張エネルギーでコンプレッサを回し、圧縮空気を生成します。
これにより、電気代の削減、電力負荷のピークカットに大きく貢献します!排蒸気は減圧後の工場のプロセスでこれまで通り使用が可能となります。

圧縮熱を回収して利用するから、システムエネルギー効率がUPします!

空気圧縮時に発生する圧縮熱をミウラ独自の圧縮熱回収ユニットで効率よく回収し、ボイラ給水予熱などに利用が可能ですので、蒸気ボイラシステムとの連携で大きなランニングコスト削減・CO2削減が実現します。

要求されるエア量をすぐに応答します。蒸気量を自動で調整するからエネルギーロスがありません!

『蒸気容量制御弁』により、圧縮空気の負荷変動に瞬時に応答します。空気使用量に合わせて自動的に蒸気投入量を調整するため、、従来の電気駆動式エアコンプレッサのようなエネルギーロスがなく、効率の良い運転が可能となります。

エアコンプレッサのランニングコストと、CO2排出量の大幅な削減を実現します。 年間ランニングコスト約85%削減! CO2排出量約90%削減!

ミウラの蒸気駆動エアコンプレッサ

食品・医療・半導体業界様などにも安心!ミウラのオイルフリーな蒸気駆動エアコンプレッサ

▲ページトップへ

進化するコージェネレーション

ミウラはトータルエネルギーのプランナーとして、コージェネレーションシステムを支えてまいります。 コージェネレーションとは、一つのエネルギー源から、電気と熱(蒸気・温水)などの二つ以上の有効なエネルギーを取り出して利用することです!
従来方式による発電システム 従来方式による発電システムでは、熱エネルギーは約40%
コージェネレーションシステム コージェネレーションを利用すると電気エネルギーと熱エネルギーで約80%を活用できます。
コージェネレーションシステムのメリット
限りあるエネルギーを有効利用し、地球に優しい省エネを!

電気と熱エネルギーを同時に使用することにより、総合エネルギー利用効率が向上し、省エネルギー及びCO2削減に貢献する事ができます。

無駄なく使い切る事でコスト削減!

エネルギーコストを引き下げ、経済的メリットを発揮させます。


電力供給をバックアップすることが出来る!

エネルギー源の分散が図られ、万一の場合でも、電力と熱の安定確保・節電対策ができます。

電力のピークカットにより、電気料金もお得に!

受電設備の軽減、契約電力の削減等が期待できます。


コージェネレーション専用設計の信頼性の高い排熱回収ボイラ
ミウラの熱回収技術で、省エネは”活エネルギー”へと進化します。 排熱回収ボイラを利用した場合のエネルギーの有効活用の図
ミウラの排熱回収ボイラ
コージェネレーションの総合効率を、大幅に改善!!
ガスエンジン冷却水の廃温水を有効利用した高効率システム 廃温水を利用したエネルギーの高効率システムの図
ミウラの温水蒸気化システム
▲ページトップへ
Copyright © Zボイラ MIURA 三浦工業株式会社. All Rights Reserved.