トップページ  >  製品情報  >  熱電ソリューション  > エアコンプレッサ  >  蒸気駆動エアコンプレッサ SD-1310COH
クローズアップ製品

エアコンプレッサならミウラ

蒸気駆動
エアコンプレッサ
SD

給油式高圧蒸気対応

1310COH

SD

KOBELCO,Kobelionは(株)神戸製鋼所の登録商標です。

お問い合せ・資料請求はこちら

カタログ閲覧ページはこちら

蒸気を利用する環境に優しいエアコンプレッサ。<br>動力を変えることにより、減電率98%の大きな省エネが期待できます。<br>蒸気圧力1.96MPaまで対応可能です。

特長

  1. 1. 蒸気のエネルギーからエアを作るので、駆動電力が不要です!

    減圧する蒸気を取り込み、その蒸気膨張エネルギーでエアコンプレッサを回し、圧縮空気を生成します。
    これにより、電気代の削減、電力負荷のピークカットに大きく貢献します!排蒸気は減圧後の工場のプロセスでこれまで通り使用が可能となります。

  2. 2. 圧縮熱を回収して利用するから、システムエネルギー効率がUPします!

    空気圧縮時に発生する圧縮熱をミウラ独自の圧縮熱回収ユニットで効率よく回収し、ボイラ給水予熱などに利用が可能ですので、蒸気ボイラシステムとの連携で大きなランニングコスト削減・CO2削減が実現します。

  3. 3. 部分負荷に強く、急な負荷変動に対応します!

    蒸気容量制御弁により、圧縮空気の使用負荷が小さい場合、通過させる蒸気量を自動的に調整します。

省エネ・低CO2

ミウラだから、熱・水・環境のテクノロジー「省電力」の提案です。

「ご存知ですか?」
工場全体の消費電力の20%〜30%はエアコンプレッサによるものです。

一般的な工場の消費電力

エアコンプレッサによる圧縮空気の用途は、動力、搬送、塗装工具からブロー用にいたるまで多岐にわたります。工場だけでなくビルや病院など多くの施設で使用されています。
エアコンプレッサの消費電力は生産に直結する消費エネルギーの1つであり、その割合は工場全体の上位にランクされます。

「そこでミウラがご提案!」
“熱回収”と“蒸気駆動”という発想でエアコンプレッサのランニングコストとCO2排出量の大幅な削減を実現します!

従来の電気駆動式エアコンプレッサ ミウラの蒸気駆動エアコンプレッサ

工場での消費電力の上位を占めるエアコンプレッサを見直せば、工場全体の省エネ改善効果が期待できます。
ミウラでは、捨てていた熱エネルギーを有効利用できるシステムと、動力として電気を使わないエアコンプレッサを合わせて、その名も『蒸気駆動エアコンプレッサ』を誕生させました。

「でもどうやって?」
“省電力”を可能にしたのは、ミウラの熱・水・環境のテクノロジー。ミウラでは、長年、熱エネルギー利用技術と水処理技術に加え、環境関連技術分野に力を注いできました。

ミウラだからできること…蒸気でエアコンプレッサを回す

多くの工場で熱源として蒸気ボイラが使用されています。ボイラから発生する蒸気は、高圧のまま使う負荷機器にも送られますが、たいていの場合、減圧弁を用いて圧力を低下させ負荷機器に送られます。ミウラは、その蒸気圧力差が持つエネルギーに着目し、その圧力差エネルギーでエアコンプレッサを回すことで、電気代を大幅カットします。
さらに空気圧縮時に発生する、これまで捨てられていた圧縮熱を圧縮熱回収ユニットで効率よく回収します。 その圧縮熱で高温水を作り、ボイラの給水などに利用できます。

ミウラのシステム提案

蒸気を使ってさらなる工場の省エネ・CO2削減を! Steam Drive-Compressor

年間コストメリット

エアコンプレッサのランニングコストと、CO2排出量の大幅な削減を実現します。

年間ランニングコスト約85%削減! CO2排出量約90%削減!

計算条件

高圧蒸気にも対応

蒸気圧力1.96MPaまで対応可能になりました。(標準機SD-1310COは対応蒸気圧力0.98MPa以下)
高圧蒸気ボイラシステムと組み合わせることができます。
蒸気駆動エアコンプレッサを通過した排蒸気は標準機よりも高い圧力で利用することができます。

蒸気ボイラシステム・電気駆動エアコンプレッサとの設備フロー例

蒸気を効率的に動力に変換するスクリュー型スチームモータ

スクリュー型スチームモータは、通過蒸気量がそのまま回転数と連動する為、蒸気容量制御弁で供給蒸気量を変化させる事でインバータ制御並みの回転数制御が可能です。

スクリュー型スチームモータ

省エネ診断のご案内

このような設備なら大幅なランニングコスト・CO2削減のチャンスです!

1.ボイラ設備容量が9t/h以上ありませんか?

2.蒸気配管に減圧弁はありませんか?

3.エアコンプレッサ設備が100kW以上ありませんか?

この3つの条件が揃えば、大幅な省エネ・CO2削減を実現できる可能性があります。今すぐ蒸気/圧縮空気負荷診断をミウラにお申し込みください!!

さらに余剰蒸気を利用すれば更なる省エネ・CO2削減が可能です。

コンプレッサの省エネ診断3,000件以上 2015年7月現在

資料請求・お問い合せ

お客様の環境、用途・目的に応じた
「エアコンプレッサ」をご提案します。

エアコンプレッサ

蒸気駆動エアコンプレッサ SD-695CO・1310CO

蒸気駆動エアコンプレッサ
SD-695CO・1310CO

給油式

蒸気のエネルギーを利用するので駆動電力が不要。電気代を大幅カット

用途
圧縮空気の生成、ボイラ給水の加温
蒸気駆動エアコンプレッサ SD-1310COH

蒸気駆動エアコンプレッサ
SD-1310COH

高圧蒸気対応
給油式

1.0MPa以上の高圧蒸気をご使用のお客様向けに

用途
圧縮空気の生成、ボイラ給水の加温
蒸気駆動エアコンプレッサ SD-770CF

蒸気駆動エアコンプレッサ
SD-770CF

オイルフリー

蒸気駆動によるメリットはそのままで、高品質なエア(オイルフリー)をご提供

用途
圧縮空気の生成、ボイラ給水の加温
熱回収式電動エアコンプレッサ VA

熱回収式電動
エアコンプレッサ
VA-695CO・1400CO

給油式電動インバータ

圧縮熱回収し、ムダなく省エネをご提案

用途
圧縮空気の生成、温水生成
熱回収式電動エアコンプレッサ VA-540CF

熱回収式電動
エアコンプレッサ
VA-540CF

オイルフリー電動ロード・アンロード

2段圧縮構造による高い省エネ性能とドライオイルフリー実現

用途
圧縮空気の生成、温水生成
エアコンプレッサ台数制御装置 VM

エアコンプレッサ
台数制御装置 VM

最適な台数制御により、省エネを実現

用途
エアコンプレッサの台数制御
資料請求・お問い合せ

省エネ診断受付中!