トップページ  >  製品情報  >  熱電ソリューション  >  業務用4.2kW固体酸化物形燃料電池(SOFC)FC
クローズアップ製品

燃料電池ならミウラ

業務用4.2kW固体酸化物形燃料電池(SOFC)
FC

SOFC

お問い合わせ・資料請求はこちら
型式 FC-5B
発電方式 固体酸化物形燃料電池
Steel Cell®(SOFC)
燃料 都市ガス 13A
定格燃料消費量(m³N/h) 0.75
定格発電量(kW) 4.2
熱回収量(kW) 3.4
発電効率(%) 50
総合効率(%) 90

◎Steel Cell®はCeres Power社の登録商標です。

高効率でクリーンな次世代の発電システム

特長

  1. 1. 高効率でクリーンな次世代の発電システム

    • 他方式より発電効率の高いSOFCを採用し、発電効率50%を実現。
    • 排熱も有効活用でき、総合効率90%を達成。
    • クリーンな都市ガスを使用することで、CO2排出量の削減に貢献。
  2. 2. クラウドでいつでもどこでもエネルギー管理

  3. 3. 防災対策機能を搭載


補助金制度について(燃料電池普及促進協会ホームページ)

導入イメージ

導入前のシステム例

導入前のシステム例

導入後のシステム例

導入後のシステム例

対象となるお客様

導入効果

燃料電池を導入することで、省コストと省エネルギーを実現します。

導入効果

  • ・電力削減量 36,792kWh
  • ・熱回収量 29,784kWh

(通年で運転継続した場合の最大省エネ効果)

導入効果

試算条件

■SOFC仕様
発電量:4.2kW
ガス使用量:0.75m³N/h

■その他条件
年間稼働時間:8,760h/年
CO2排出係数(都市ガス13A):2.29kg - CO2/m³N
CO2排出係数(電力):0.65t - CO2/千kWh

※補足
<SOFC導入前>
電力は電力系統より供給、温水はガス給湯器より供給を想定する
電力使用量:4.2kW ガス使用量:0.35m³N/h
<SOFC導入後>
ガスを使用して燃料電池より電力と温水を供給する

燃料電池について

燃料電池は水の電気分解の逆さまの化学反応です。

燃料電池は、電解質の種類や運転温度の違いによって、主に4つの方式に分かれます。

  固体酸化物形
燃料電池
Solid Oxide Fuel Cell
(SOFC)
固体高分子形
燃料電池
Polymer Electrolyte Fuel Cell (PEFC)
りん酸形
燃料電池
Phosphoric Acid Fuel Cell (PAFC)
溶融炭酸塩形
燃料電池
Molten Carbonate Fuel Cell (MCFC)
電解質 セラミックス 固体高分子膜 りん酸 炭酸塩
運転温度 700〜1000℃ 常温〜90℃ 200℃ 650℃
発電効率
(低位発熱量換算)
45〜65% 35〜40% 35〜42% 45〜60%
用途 家庭用
業務用
産業用
大規模発電
家庭用
業務用
自動車/モビリティ
業務用
産業用
産業用
大規模発電

燃料電池は都市ガスを燃料として、発電を行うと同時に、発生する排熱を温水として回収するコージェネレーション機器です。

防災対策機能

専用の自立運転ユニット*を用いて、停電時においても都市ガスから作り出した電気と温水を使用できます。

*・・・オプション

クラウドでエネルギー管理

ミウラのクラウドサービス*を利用することで、パソコンやスマートフォン、タブレット端末から燃料電池の稼働状況を簡単に監視、管理できます。

*・・・ MEIS CLOUD(メイス クラウド)

資料請求・お問い合わせ

お客様の環境、用途・目的に応じた
「燃料電池」をご提案します。

燃料電池

業務用4.2kW固体酸化物形燃料電池(SOFC)FC

業務用4.2kW固体酸化物形燃料電池(SOFC)
FC

高効率でクリーンな次世代の発電システム

用途
発電
資料請求・お問い合わせ