トップページ  >  製品情報  >  水処理機器  > 脱気システム

脱気システム

酸素を除去し洗浄コスト削減。

超音波洗浄の洗浄効率が向上

用途
  • 精密部品の洗浄用水
  • 電子部品の洗浄用水
  • 医療器具の洗浄用水
  • 給水配管防食
  • 空調配管防食
  • 半導体洗浄用水製造
  • 精密部品洗浄用水製造
  • 各種研究用水処理

こんな方に

case1:製氷

百聞は一見にしかず、デモ機借用で事前に効果確認。

case2:ビル管理組合

事前診断から住民説明会まで、安心を生む丁寧なユーザー対応。

case3:ビル管理組合

防食効果、保守点検、納入実績・・・どれを取っても他社にない信頼感。

case4:デバイス開発

テスト用の装置をすぐに貸与、問い合わせへスピーディに対応。

case5:ビル管理組合

実機見学に腐食比較試験、直系の設備管理と三重の安心感。

case6:製造業

他社提案とは目の付け所が違う!その斬新さが大きな信頼に。

資料請求・お問い合せ

お客様の環境、用途・目的に応じた
「脱気システム」をご提案します。

  • 脱気システム製品
  • ミウラの脱気システムの特長

脱気システム製品

膜式脱気装置 PDO

脱気により超音波洗浄効率を向上

用途
精密部品の洗浄用水、電子部品の洗浄用水、医療器具の洗浄用水

配管防食用脱気装置 BLD

ビル・マンションの屋上に簡単に設置

用途
給水配管防食、空調配管防食

超脱酸素装置 LDO

溶存酸素(DO)を5μg/lまで除去

用途
半導体洗浄用水製造、精密部品洗浄用水製造、各種研究用水処理

ミウラの脱気システムの特長

溶存酸素と超音波強度の関係

超音波洗浄において、脱気水は洗浄効率を向上させます。

通常の水道水には、酸素ガスが8mg/l、窒素ガスが約13mg/l 水に溶けた状態で含まれています。超音波洗浄において、水中に含まれているこれらの溶存気体が超音波を減衰、散乱させ、洗浄効率を低下させます。
一方、水中の溶存酸素濃度が、0.5mg/Lの脱気水の場合、通常の水道水(溶存酸素濃度8mg/L)に比べ、高い音圧測定結果を得ています。

  • 超音波発信周波数 約28khzのとき…約5倍の音圧
  • 超音波発信周波数 約45khzのとき…約2.5倍の音圧

脱気により洗浄性能を向上させ、洗浄時間を短縮することができます。洗浄対象物の汚れ残留量も減少させることができます。

医療用器具洗浄において、脱気水の洗浄効果が評価されました。

医療器具の超音波洗浄における脱気水の洗浄効率の向上が検証され、論文として発表されました。
これによると、従来までの水道水による超音波洗浄では困難だった、はさみの支点部分や、鉗子ボックス部分の洗浄が効率よく行われることが確認されました。(医科器械学第71巻第9号脱気水による超音波洗浄の増強について)

資料請求・お問い合せ