トップページ  >  製品情報  >  ZMP 熱媒ボイラ保守契約

ミウラ独自の保守制度ZMP

ZMPは、ミウラ独自のボイラ保守契約制度として'72年にスタートし、今では水処理機器、食品機器、メディカル機器など、ミウラのメンテナンスの基本となっています。サービスエンジニアによる定期点検、維持管理を実施、契約期間中の故障修理も保証。より安全に、安心してミウラの製品をお使いいただけます。

各製品ごとの保守契約についてご案内いたします。ご覧になりたい製品をお選びください。


熱媒ボイラ保守契約

点検 高い技術力で予見される故障を未然に防ぎます

① 法規で定められた「定期自主検査」の代行。

② 予防保全のため年2回のZMP点検。(検査準備工事含む。)

③ ボイラ状態を点検結果報告書でご報告。

保守管理に関する専門知識と技術をもったサービスエンジニアが必要に応じて、事業主様になりかわって「メンテナンス教育」を行うと共に蓄積されたメンテナンス・ノウハウを共有していただきます。

保証 データ管理システムでロスを削減し、コスト低減に貢献します

① ボイラ本体・循環ポンプも含めた保証。

② 部品代、修理代、出向料は基本的に不要。

※詳しくは契約書及び弊社担当者へお問い合せください。


メンテナンスデータ管理システム

試運転結果報告書、点検結果報告書、メンテナンスレポートなど、お客様にとっての一切の煩わしいデータを、本社ホストコンピュータで一括処理。
定期的な報告書提出のほか、予防保全や傾向管理を実施します。

管理コストの低減

ボイラの保守管理は、時間と人手のかかる仕事の一つです。
ZMPは、検査・整備・補修管理コストをなくすなど、保全や管理にかかるコストを大幅に削減。
経営上の管理、運営コスト低減を実現いたします。

エネルギーコストの低減

一般にボイラの効率は、経年変化により低下していきます。
ZMPは、効率の維持を行い、これらのロスを削減し、利益につなげます。


維持 機器の高効率稼働を維持します

① 安全装置の点検による安全の維持。

② 性能・機能の維持、管理。

③ 熱媒体油分析、ばい煙測定を行い、本体その他の寿命を伸長。


熱媒体油管理

熱媒体油は長時間、加熱使用されると徐々に劣化します。熱媒体油を安全、効率よく使用するために「トータル熱管理システム」によるメンテナンスと定期管理試験による分析が装置と稼働の長寿命化に役立ちます。

<注意>
熱媒体油は定期的に分析してください。劣化した熱媒体油を長時間使用されますと、加熱管内にカーボンが付着し、加熱管がオーバーヒートします。火災・爆発・自己の原因になります。


熱媒体油交換基準値

① 粘度が2倍以上に増加したとき。

② 分留試験での留出温度(IBP)が280℃以下になったとき。

③ 全酸価が1mgKOH/g以上になったとき。

④ スラッジ分が0.5wt%以上になったとき。