船舶向上計画 環境へのやさしさは、明日への航路。いま、あらゆる船舶は、環境保全へのさらなる対応を求められています。それを代表するのが、バラスト水処理装置です。ミウラは50年近く舶用機器に携わり磨いてきた技術を結集し、新造船はもちろん、就航船も仕様に合わせて搭載できる製品を開発。海洋環境も安全な運航も守る技術、ミウラでぜひ。

「省エネ&環境」をテーマにした船舶トータルソリューション

舶用補助ボイラから船上焼却炉、造水装置、そしてバラスト水処理装置まで。ミウラなら船舶の運航に不可欠な補機類をトータルにご提案できます。それが、「船舶トータルソリューション」。そのすべてにおいて、私たちミウラがテーマに掲げているのが「省エネ&環境」です。

船舶トータルソリューション

熱・水・環境

50年以上にわたり舶用機器に携わってきたミウラは、一方で、陸用ボイラや水処理、医療など幅広い事業も展開しています。そうした多彩な分野で確立した技術を舶用機器に導入してきました。ミウラならではの「省エネ&環境」の具体策を、あらゆる船舶のお客様にご提案します。

ページトップへ

あなたのお悩み、ミウラが解決します。

バラスト水管理条約の発効に備えてシステムの準備をしたい 答え01 目標はUSCG型式承認取得!

ミウラの取り組みお客様があらゆる海域を運航できるように、ミウラはグローバル基準でバラスト水処理装置を開発しました。IMO(国際海事機関)の認可はもちろん、アメリカ独自のAMS承認を取得。さらに2017年度のUSCG型式承認取得をめざしています。

お問い合わせはこちらニュースリリースの紹介

バラスト水の処理を確実に行いたい 答え02 Lサイズの生物類を逃がさない!

ミウラは、フィルタ+UVリアクタミウラのバラスト水処理装置は、画期的なフィルタ構造を独自で開発しました。Lサイズ(50ミクロン)以上の大型生物を確実に捕捉します。さらにUV照射を組み合わせ、Sサイズ以下の生物や菌類も殺滅できるので安心です。

お問い合わせはこちらバラスト水処理装置の紹介

バラスト水対応で作業負担を増やしたくない 答え03 フィルタは手間の少ない多段階洗浄!

3つの洗浄パターンミウラ独自のフィルタは、その性能はもちろん、メンテナンス性にも優れています。3つの洗浄パターンを装備し、常にクリーンな状態でフィルタ性能をキープ。そのためフィルタの目詰まりがなく、日常のメンテナンスは不要です。

お問い合わせはこちらバラスト水処理装置の紹介

バラスト水処理装置って、操作が難しいのでは… 答え04 タッチパネルで簡単操作!

運転、警報、お知らせ、メンテなどのデータも保存可能ミウラのバラスト水処理装置は、タッチパネルで簡単に操作できます。制御パネルのディスプレイで機器の状態やシステムフローを確認しながら、容易に操作することが可能。乗組員の方にとってのやさしい操作環境を実現します。

お問い合わせはこちらバラスト水処理装置の紹介

バラスト水対応は発電機の電力不足が気になる 答え05 省電力&コンパクトだから安心!

汚れに対し最適なUV照射を行う「比例制御運転」バラスト水処理装置の設置で、発電機の電力不足に不安を抱える就航船にもミウラはおすすめです。UVリアクタは比例制御運転で安定した殺滅効果を発揮し、省電力、長寿命を実現。さらに、バラスト水処理装置そのものがコンパクトで設置しやすいのも特長です。

お問い合わせはこちらバラスト水処理装置の紹介

バラスト水処理装置を船に搭載できるか心配 答え06 仕様に合わせて組み合わせ可能!

バラスト搭載例就航船はレイアウトを検討し、バラスト水処理装置を設置する必要があります。現在のミウラの、フィルタは300・450・600・900m3/hの4種類、UVリアクタは200・300 m3/hの2種類を組み合わせることでご要望にお応えし、トータルエンジニアリングをご提案できます。

お問い合わせはこちらバラスト水処理装置の紹介
ページトップへ

海外寄港先でのメンテナンス(アフターサービス)が不安 答え07 世界中へスピーディに派遣!

訪船実績地・拠点ミウラのメンテナンス専門エンジニアは約45人。日本はもちろん、シンガポール、アムステルダム、中国(上海、舟山、台湾)にも拠点を設け、各地に常駐しています。スピーディに専門のエンジニアを派遣し、世界中の海をカバー。日本から呼び寄せる必要がなく、コスト軽減もサポートします。

お問い合わせはこちらService network

メンテナンスのレベルが不安 答え08 レベルの高いメンテナンスを提供!

エンジニアの保有資格一覧ミウラのエンジニアは電気、機械、水管理までミウラ舶用製品に関するすべてのメンテナンス業務を一人でカバーできます。幅広い分野に対応できるため、確実なメンテナンスと迅速なサポートを実現。複数人のエンジニアを渡航させることがなく、メンテナンスコストの低減にも貢献します。

お問い合わせはこちらDry docking

部品が故障した。船齢20年も経つ部品を手配できるのか不安 答え09 パーツの供給は30年間!

一般的に船舶の寿命は30年と言われています。そのすべてをサポートできるように、ミウラはボイラの付帯機器(バーナや給水ポンプ類、自動制御装置)まで自社製にこだわり、30年間パーツを供給可能。海外にもパーツをストックし、世界中であらゆる修理内容に対応できます。

お問い合わせはこちらParts supply
ページトップへ

あなたの問題点は何ですか?

お気軽にお問い合わせください。
お問い合わせはこちら

まだまだあるミウラの向上計画

工場向上計画
病院向上計画
ページトップへ