夏休みの自由研究はこれでキマリ!

ワク沸クラボTOPへ

  • 第1回 熱の実験 ハンドパワーで風車をまわす!
  • 第2回 水の実験 水が一瞬でパッと氷に変身!
  • 第3回 熱の実験 まるで念力!?ペットボトルつぶし!
  • 第4回 水の実験 どうして?グイグイ吸い上げられる水!
  • 第5回 熱の実験 ろうそくで走る、手作り蒸気船!
  • 第6回 水の実験 ブドウジュースは透明にできる!?

第2回 水の実験  水が一瞬でパッと氷に変身! 水を注ぐと一瞬にして氷に早変わり!そんな不思議な実験をご紹介します!

準備しよう
500mlのペットボトル
お皿(底の浅い容器)
水
クーラーボックス
氷
塩
フライ返し
金属カゴ

やってみよう!

  1. 500mlペットボトルいっぱいに水を入れよう!

  2. クーラーボックスに氷と塩を入れよう! ※氷の適量はクーラーボックスの大きさによって変わるので、いろいろ試してみよう!

    塩は氷の約1/3入れるのがポイント!
  3. 氷が白くなるまでフライ返しを使ってかきまぜよう! ※長時間かき混ぜて、手を冷やしすぎないようにしましょう。

  4. 氷がひたるくらい水を入れよう! ※水温が下がらないときは、下の方までよくかき混ぜよう!

    水温の目安は-7℃!
  5. ペットボトルが氷に触れないよう金属カゴに入れて冷やそう!※クーラーボックスの大きさや種類によってペットボトルを冷やす時間をいろいろ変えて試してみよう!

    クーラーボックスは1時間半くらい開けちゃダメだよ!そーっと動かそう!机にぶつかっただけで氷になっちゃうよ!
  6. クーラーボックスからペットボトルをゆっくり取りだそう!

  7. 高い位置から少しずつお皿の上に水を注ごう!

    なんと水がシャーベット状の氷の山に!

ページの先頭へ

ミウラくんからのアドバイス

  1. 注がなくても氷にできるよ ペットボトルを強く叩いて衝撃を加えたり、氷のかけらを落としたりすると氷になるよ。

  2. コンタクトレンズ用の水がおすすめ 万が一、水道水で上手くいかないときは精製水(コンタクトレンズ用の水)で試してみよう。

  3. お皿の上には小さい氷を置いてみよう 水を注ぐお皿の上には小さな氷を置くのがポイント!あらかじめお皿を冷蔵庫の冷凍室で冷やしておくのもおすすめ。ちなみに、実験ではお皿に水がたまらないよう、粉ふるいをひっくり返して使ったりしているよ。

ページの先頭へ

実験ムービー

ゆっくり冷やすと水は0℃になっても氷にならないんだね!

Adobe Flash Player を取得

このページでは、Flash Player
バージョン 10.1.52 以上が必要です。

実験ムービーをYouTubeで見る

水は0℃で凍るものですが、ゆっくり冷やすと0℃以下になっても氷にならないことがあります。この実験のように、液体から固体へと変化する温度・凝固点を過ぎても液体のままでいることを「過冷却」と呼びます。過冷却の状態になった水は、衝撃や振動などのきっかけを与えることで瞬間的に氷に変化するのです。

ページの先頭へ

「熱と水のプロ」ミウラの科学メモ

食機技術部 堀川 伸二

冷やすチカラで食の安全を守る

実験でみたような急激に氷を作るチカラを使って、ミウラは食品の安全に貢献しています。ミウラの「冷水装置」は0℃以下でも凍らない水を作り、「過冷却」を利用して夜間にたくさんの氷に変えているのです。そうすることで昼間の食品工場で冷水として利用できて、食品の鮮度を保つことができます。みなさんが普段食べているものにもきっとミウラの技術が使われているはずです。

  • (実験監修)科学技術館