TPH試験(GC-FID法)

油汚染土壌・地下水の状況把握に!

GC-FID法によるTPH試験がお役に立ちます。

  • 油膜や油臭の原因が鉱油であるか否かの確認及び油種の同定
  • 油含有土壌の平面及び深度方向の存在範囲の把握
  • 対策範囲の把握及び対策完了確認

『油汚染対策ガイドライン』(平成18年3月 環境省)

標準分析法

TPH試験(全石油系炭化水素:Total Petroleum Hydrocarbon)
油汚染対策ガイドラインに準拠

二硫化炭素で抽出し、カラム精製後、GC-FID(水素炎イオン化検出器付きガスクロマトグラフ)で測定します。
測定結果は、炭素数(C)により、C6~C12(ガソリン)、C12~C28(軽油)、C28~C44(残油)の3つの炭素範囲に区分し、ASTM標準軽油を標準物質として定量します。
代表的な鉱物油のクロマトグラム(下図)とサンプルのクロマトグラムを比較することにより、おおよその油種の同定をすることが可能です。

三浦環境科学研究所のお問い合わせフォーム
三浦環境科学研究所のお問い合わせフォーム

分析依頼・資料請求など
お気軽にお問い合わせください