三浦美術館大賞展
これまでの特別企画展
松田征明展

会場 ミウラート・ヴィレッジ(三浦美術館)
〒799-2651 愛媛県松山市堀江町1165-1日
開館 水曜日〜日曜日
午前9:30〜午後5:00 入場は午後4:45まで
◎入場料 一 般 … 500円
大学生以下 … 400円
未就学児 … 無 料
審査員 原田 久(名古屋芸術大学教授 創造作家)
岸田 夏子(清春白樺美術館館長 画家)
野中 雅代(青山学院大学講師インディペンデント・キュレーター)
西村 富彌(画家)
白石 省三(ミウラート・ヴィレッジ館長)
主催 三浦工業株式会社
後援 愛媛県、愛媛県教育委員会、愛媛新聞社、NHK松山放送局、あいテレビ、FM愛媛、(株)ミウラ
協賛 四国ヤマト運輸株式会社愛媛主管支店

ごあいさつ 総評 審査を終えて 受賞作
入選
Acrobat Readerのダウンロード PDFファイルをご覧いただくには、AcrobatReaderが必要です。
Acrobat Readerのダウンロードは左のアイコンをクリックしてください。

 ミウラート・ヴィレッジ(三浦美術館)は、三浦工業株式会社の創業者故三浦保氏を記念して、自作の陶板画と氏の長年の蒐集品を展示した美術館です。 三浦保氏は経営者として『熱と水を新しく提案する』企業、三浦工業株式会社を育てるとともに、創作者として焼物の板に釉薬を絵具のように使って焼き上げる「陶板画」にとりくみました。 水は粘土を形成し、火は形に命をふきこみます。 火と水のエネルギーによって、すべては生まれたといっても過言ではないでしょう。 多様な側面から「火と水」に関わる企業であることは、私たちの誇りです。
この度の「全国公募三浦美術館大賞展」は、芸術家を含めた創作活動に熱意をもつ全ての方々を対象に、作品発表と有識者に評価される機会、そして何よりも芸術を愛する人々が集う場所を提供させていただくことを主旨としています。
誰しもが美を創造する才能をもっています。創作への情熱こそが、今、求められています。新しい芸術、新しい作家を育む場所として、ミウラート・ヴィレッジ(三浦美術館)は、新たな取り組みをはじめました。
※現在もなお大賞展応募のお問い合わせを多数頂いておりますが、この大賞展は2001年におけるイベントですので、申し訳ありませんが、現在、予定はございません。
あらかじめご了承ください。

Copyright © Miurart Village Art Museum. All Rights Reserved.三浦工業株式会社トップページへ