SCROLL


いま、時代が変わる。
エンドトキシンを99.9%不活化する技術
ETstera

世の中に貢献したい、ミウラから。
革新的な滅菌技術
ETstera」誕生。

エンドトキシンは、あらゆるところに存在し、医療分野でコントロールが必要な物質です。
にもかかわらず、60℃以下の温度で99.9%以上不活化する技術は存在していない※1。
この課題に真っ向から挑戦したのが、私たちミウラです。

過酸化水素ガスとオゾンガスの混合ガス技術。
ETステラは、99.9%以上エンドトキシンを不活化※2 できます。

エンドトキシン除去にお困りの方はもちろん、
感染症の対策からバイオテクノロジー、先進医療まで。
高度な滅菌環境の構築を求める、あらゆる現場へ。

新しい技術から、新しい未来を。ミウラと一緒に始めましょう。

※1 参考文献「細渕和成 棚元憲一、各滅菌法による乾燥エンドトキシンの不活化、東京都立産業技術研究所報告第2号(1999)」より
※2 菌種、塗布量、塗布表面の材質や粗さなど、対象物の違いによって不活化率が異なります。

エンドトキシンとは?

グラム陰性菌の死骸に含まれる発熱性の毒素です。従来の滅菌方法では、低温でエンドトキシンまで十分に不活化できませんでした。たとえ菌を死滅させても、エンドトキシンは不活化できず、毒性が残ります。きわめて微量でも体内の血中などに入ると発熱を引き起こし、多量になると多臓器不全などを誘発してしまうのです。

Vision

ETステラが叶えたい、ちょっと先の未来

ETステラは、世界を変える低温滅菌技術。
だからこそ、夢見れる未来がある

Technology

ETステラの
コンセプト

「低温×混合ガス」という、
滅菌法

ETステラの最大の特長は、混合ガス処理技術による滅菌法です。過酸化水素ガスに少量のオゾンガスを添加して促進酸化を誘発し、滅菌効果を向上。これにより、従来の滅菌法では充分に不活化できなかったエンドトキシンを99.9%以上不活化します。また、低温での滅菌なので高温滅菌法に比べて対象物が限られず、さらに従来の滅菌法より手間やコストの負担も大きく低減できるのです。
樹脂やプラスチックといった耐熱性のない「素材(Product)」から「人(Person)」に関わる技術や道具。さまざまなシーンでエンドトキシンを不活化できるからこそ、高度な滅菌環境が求められる先進領域での利用にも適しています。

ETステラを動画で
わかりやすく解説!

Solution

ETステラの特長
世界を変えるETステラ、
その全貌が徐々に解き明かされる。
詳しくはコーポレートサイトの新着情報から。