ミウラの技術力が誇る信頼と実績の
ボイラSQシリーズがフルモデルチェンジ!

〜 ミウラがシステム効率を変える! 〜

新型SQは環境性能が高く評価され、産業界の権威ある賞を数多く受賞しております。
熱・水・環境のベストパートナーであり続けるために、あなたの想像を超えるSQをお届けいたします。

製品の特長を見る 閉じる

SQは環境にやさしく省エネ&省電力を実現します!

業界最高レベルの低NOx技術と低COを実現

水管群空間で燃焼反応と伝熱作用が同時に進行することで、火炎の低温化を実現しNOx(窒素酸化物)への変換反応速度を低下させます。
また、CO(一酸化炭素)の発生を抑えるため、水管群の一部にCOの酸化反応を促進させる領域を設け、低COを実現しています。(東京ガス株式会社殿のCO制御技術)

これからの省エネ比較はシステム効率

ボイラ効率とは、日貫協基準値(※2)の運転条件での性能を表示したもので、性能比較する大切な基準です。しかし、実際のボイラ運転においては、システム効率の比較が重要です。
新型SQの開発はこのシステム効率に徹底的にこだわりました。
ボイラは運転条件により効率が変化し、運転条件に応じて最も効率の高くなる燃焼ポイントが存在します。
ミウラでは、この最も効率が高くなる燃焼ポイントを「エコ運転ポイント」と呼び、「エコ運転ポイント」に対応した「高速多位置制御」を開発しました。
MIシステム(※1)において、「エコ運転ポイント」で優先的に燃焼を行うため、システム効率が飛躍的に向上します。
運転条件により、排ガスの潜熱まで回収を行うため、システム効率100%(※3)を達成しました。

  1. ミウラ独自の小型貫流蒸気ボイラを複数台設置して必要な蒸気を供給するシステム
  2. SQ-3000AS×5台、システム負荷率20%時(蒸気圧力0.49MPa、給水温度15℃、給気温度35℃、ブロー率7%、低位発熱量基準時)

ノンファーネス®缶体は、薄型コンパクトでパージ損失1/5

ミウラ独自のノンファーネス缶体は燃焼室がありません。
だから、ボイラが薄型コンパクトになります。また、燃焼室が無いので運転時のパージ損失による熱損失が1/5まで低減できます。

連続パイロット制御で急負荷変動に後続追従・圧力安定・損失低減

連続パイロット制御(特許:5590317号)により、即座に燃焼が開始され、急負荷変動にも素早い立ち上がりを可能とするため、蒸気圧力の変動が少なく、安定した蒸気供給ができ、生産効率の向上が可能です。(SQ-3000ASの場合、21秒の時間短縮になります!)

SQシリーズ受賞一覧

優秀省エネルギー機器

平成22年度 / 平成27年度

(社)日本機械工業連合会が、エネルギーの効率的利用の推進に貢献している、優秀な省エネルギー機器に贈られる賞。

グッドデザイン金賞

平成22年度

公益財団法人日本デザイン振興会により、新しい時代の文化と生活を創造するにふさわしいものとして、優れたデザインに贈られる賞。

全国発明表彰

平成19年度

発明を完成した人、実施化に尽力した人、発明の指導・奨励・育成に貢献した人に贈られる賞。
全国発明表彰について

日本産業機械工業会会長賞

平成16年度

環境保全技術の研究・開発及び環境装置の普及を促進し、日本の環境装置産業の振興を図ることを目的として、環境問題に対処するための優秀な環境装置に贈られる賞。

科学技術庁長官賞

平成10年度

科学技術の振興に顕著な功績があったとして贈られる賞。

日本ガス協会技術大賞・日本ガス協会技術賞

平成18年度 / 平成6年度 / 平成4年度 /
平成23年度

都市ガス業界における革新的な技術開発に贈られ、別名「都市ガス業界のノーベル賞」ともいわれる名誉ある賞。

日本機械学会賞

平成6年度

(社)日本機械学会(JSME)が、機械工学と工業の発展を奨励するために制定した、機械産業界における最高賞の一つ。

閉じる

小型貫流蒸気ボイラSQ-AS

システム効率100%を実現する最も進化したSQ

  • システム効率
  • ボイラ効率
  • ハイパー低NOx
  • 高速多位置
  • ターンダウン比
  • 送風機消費電力比
  1. SQ-3000×5台の多缶設置システムにてシステム負荷率20%時の場合(蒸気圧力0.49MPa、給水温度15℃、給気温度35℃、ブロー率7%)
  2. 排ガスO₂定格(O₂ = 0%換算)、100%燃焼、13Aの実測値

閲覧にはMy MIURAでユーザー登録が必要です

製品のカタログを見る

  • ガス焚きSQ-1500AS・2000AS・2500AS・3000AS [13A・LPG]
  • 相当蒸発量:1,500~3,000kg/h

製品の特長を見る 閉じる

特長

  • システム効率100%を達成
  • 業界最高レベルの低NOx技術と低COを実現
  • 連続パイロット制御で急負荷変動に高速追従
  • インバータ標準搭載で省電力
  • シンプル操作で簡単運転・楽々設定
  • 高効率・高機能・高性能に加え、さらなる安全性を追求

システム効率100%を実現する最も進化したSQ

給水温度で変わるエコ運転ポイント

新型SQの「高速多位置制御」では、低負荷時の出力をエコ運転ポイントに設定しています。給水温度によりエコ運転ポイントは変化します。

高速多位置制御の運転パターン

運転条件においてボイラ自身にエコ運転ポイント(最も効率の良い燃焼状態のポイント)を設定します。台数制御時にはエコ運転ポイントで優先的に運転を行います。

閉じる

高圧貫流蒸気ボイラSQ-A

大幅な省スペースを実現

  • ボイラ効率
  • ハイパー低NOx
  • 設置面積削減率
  • 高速多位置
  • ターンダウン比
  • 送風機消費電力比
  1. オプション対応
  2. 標準仕様
  3. O₂(O₂ = 0%換算)、13Aの実測値
  • ガス焚きSQ-2000A・3000A [13A・LPG]
  • 相当蒸発量:2,000~3,000kg/h最高圧力:1.57MPa・1.96MPa

製品の特長を見る 閉じる

特長

  • 業界最高レベルの低NOx技術と低COを実現
  • ターンダウン比1:5で運転効率向上(SQ-2000Aはターンダウン比1:3)
  • 省スペース設置面積当社比70%低減
  • インバータ標準搭載
『日本機械工業連合会会長賞』を受賞!!

大幅な省スペースを実現

SQ-3000 A20×5台(密着設置)⇒AI-3000 20S×5台より70%(当社比)の省スペースが図れます。伝熱面積30㎡以下なので、ボイラ技士の資格が不要です。

閉じる

高圧貫流蒸気ボイラSQ-B

新燃焼制御方式・高速連続制御(i-HV アイハブ ®)で負荷追従性、蒸気圧力安定性アップ

  • ボイラ効率
  • ハイパー低NOx
  • 設置面積削減率
  • 高速連続制御
  • ターンダウン比
  • 消費電力低減
  1. O₂(O₂ = 0%換算)、13Aの実測値

閲覧にはMy MIURAでユーザー登録が必要です

  • ガス焚きSQ-3000B・5000B・7000B [13A]、SQ-3000B [LPG]
  • 相当蒸発量:3,000・5,000・7,000kg/h最高圧力:1.57MPa・1.96MPa

製品の特長を見る 閉じる

特長

  • 新燃焼制御方式『高速連続制御( i-HV® アイハブ)』で、
    負荷追従性、蒸気圧力安定性アップ
  • システム効率向上と蒸気安定供給を両立
  • 圧力変動幅±0.01MPa(負荷静定時 ※±0.02MPa(負荷変動時))
  • 連続パイロット制御、多位置ダンパによる迅速な起動
  • ボイラ効率98%で省電力
  • 業界最高レベルの低NOxを実現 (30ppm:O2 = 0%換算)
  • 全燃焼領域で、高乾き度99.5以上を実現
『日本機械工業連合会会長賞』を受賞!!

新燃焼制御方式『高速連続制御(i-HV アイハブ)』の開発による、蒸気圧力安定性

これまでのSQシリーズの特長である低NOx、省スペース性はそのままに、工場の要求負荷に応じたきめ細かな蒸気供給制御の導入により、システム効率・蒸気圧力安定性・負荷追従性をさらに高めました。
新開発の「高速連続制御(ⅰ-HV)」により、全負荷領域(20%~100%)において、お客様が要求される負荷に応じて連続的(無段階)に燃焼量を調整し最適な燃焼を行います。また、要求される蒸気の負荷変動に対する追従性を高めるPID制御を採用。
蒸気圧力を目標値に維持することはもちろん、急な負荷変動に対しても安定的な蒸気供給を実現します。

スムーズな燃焼量制御

急負荷変動に高速追従・圧力安定

排ガス保有熱をのがさず回収するエアヒータ搭載ボイラ

高温高圧のドレン水は保有する熱量が大きく、有効に回収すれば大きな省エネ効果があります。
高圧ボイラSQシリーズは高性能エコノマイザを搭載した高効率ボイラであり、このドレン水を供給に利用するクローズドドレン回収仕様では燃料消費量を大きく低減します。
クローズドドレン回収仕様では排ガス温度が高くなるため、この排ガスが持っている熱量をさらに有効に利用しポイラ効率のアップにつなげることができます。これを実現するのがエアヒータ仕様です。エアヒータ仕様では、高温の排ガスと低温の燃焼用空気を熱交換させ、排ガスが持ち去る熱量を回収します。

エアヒータ仕様は、SQシリーズ高圧タイプ全てに対応しております。

閉じる

ページトップへ
ページトップへ