トップページ  >  お知らせ一覧

お知らせ

2020年9月8日

「ミウラの森」で従業員による森づくりや、CO2吸収で循環型社会に役立てます
~愛媛県の「企業の森づくり活動」に関する協定を締結~

三浦工業株式会社(本社:愛媛県松山市 以下、ミウラ)は、愛媛県、松山市、公益財団法人愛媛の森林基金の4者による「企業による森林づくり活動」に参画し、「ミウラの森」として9月8日に協定を締結し、森づくり活動への支援を開始しました。

〇「ミウラの森」の森づくり活動

「ミウラの森」として支援する地域は、松山市高縄山周辺の市有林4.3ヘクタールで、山頂付近はブナの原生林があり、奥道後玉川県自然公園に指定されています。ミウラは、弊社従業員ボランティアによる森林整備や森林教育活動、地域住民との交流を深め地域貢献に努めてまいります。

〇カーボン・オフセット

ミウラは、松山流域森林組合が保有するオフセット・クレジット(J-VER)についてJ-VER売買契約を締結しました。その一部は、愛媛の森林基金で森づくりに活用されます。これは愛媛県内初の取り組みとなります。
本社工場(松山市堀江町)と北条工場(松山市北条辻)間の移動車両から排出されるCO2約30トン/年を、松山流域森林組合が保有する森林関連プロジェクトにより創出したクレジットを購入し埋め合わせすることでCO2排出量をゼロ化いたします。

ミウラの森_締結式_トリミング.jpg

▲締結式の様子
(左から 公益財団法人愛媛の森林基金 理事長 馬越史郎氏/松山市市長 野志克仁/愛媛県知事 中村時広/三浦工業株式会社 代表取締役 社長執行役員CEO 宮内大介)

ミウラの森_詳細.bmp

▲ミウラの森区域


今後もミウラグループは環境への配慮を重視した製品・サービスを提供する企業として地球環境保全に積極的に取り組み、CO2削減に向けて努めてまいります。

以上


お知らせ一覧へ戻る