人財基盤強化に向けた取り組み

「企業は人なり」を経営マインドの柱として、人財教育を進めているミウラの“教育は惜しみなく”という方針は、社員一人ひとりの勉学熱の高さとなって表れています。

ミウラ独自の「テクノサービス」を磨くための教育

「テクノサービス」とは、ミウラの人づくりの基本となる考え方。サービスあっての技術という意味を込めた、ミウラ独自の造語です。
メ一カーとして高い技術を提供するのは当然のことで、そこにお客様に愛され信頼されるサービスがあって、はじめて本当にお客様のお役に立つことができるのです。ミウラの教育の目的は、その「テクノサービス」力を磨くことにあります。

テクノサービス

ミウラグループの教育の拠点「三浦研修所」

三浦研修所は、通称、三浦リラトレセンターと呼ばれていますが、リラトレとはリラックス&トレーニング。強制的な教育ではなく、自主性を重視した教育であり、育つ楽しみを実感できる教育でありたいというのが、ミウラの教育に対する考えなのです。
研修所は最大110名収容の宿泊施設を完備し、年間400回を超える研修が開催され、延べ5,000名以上がスキルを磨いています。

日本で培った人材教育を世界のミウラで

ミウラ製品を提供している世界各地で、日本と同等レべルの「テクノサー ビス」が提供できるよう、海外現地法人の従業員教育にも力を入れています。世界共通の教育体系で、真のグ口一バル企業を目指します。

価値創造を支える人財の確保

当社の将来を担う人財として、毎年、継続的に新卒者を採用することとしています。新卒採用者数は、業容拡大もあり、近年は100名を超える水準で推移しています。また、お客様に近いところでメンテナンスを担うフィールドエンジニアを中心に、中途採用を強化しています。

採用者数と退職者数(名)

2016年
3月期
2017年
3月期
2018年
3月期
2019年
3月期
2020年
3月期
新卒採用者数 107 135 128 119 117
中途採用者数 72 42 41 57 97
採用者数合計 179 177 169 176 214
うち女性比率 41% 34% 36% 20% 21%
退職者数(自己都合) 81 62 85 86 86
退職者比率 2.9% 2.2% 2.9% 2.9% 2.8%

※三浦工業