環境マネジメント

推進体制図

※EMS(Environmental management system):環境マネジメントシステム

環境トップマネジメントは、社長執行役員もしくは社長執行役員が任命する執行役員が務め、現在は常務執行役員が務めています。

環境トップマネジメントは、ミウラグループの環境マネジメントシステムに関するすべての責任と権限を有し、環境方針・計画の策定、計画進捗監視、重要事項の承認および経営会議への報告を担います。

環境委員会は、環境委員会委員長・副委員長、環境管理責任者、事務局と、省エネ分科会、公害防止分科会、化学物質管理分科会に属する設計部門WG、設備調査部門WG、購入品調査部門WGのワーキング組織から成り立ち、メンバーは、製造グループ、スタッフ、設計、分析、営業支援部門などのすべての職種から構成されています。