トップページ  >  ニュースリリース一覧  >  クラウド型エネルギー管理システム「MEIS CLOUD」に新システム ~他社製品のエネルギー管理が可能な「MEIS CLOUD+(メイスクラウドプラス)」が新登場~

ニュースリリース

2020年7月27日

クラウド型エネルギー管理システム「MEIS CLOUD」に新システム
~他社製品のエネルギー管理が可能な「MEIS CLOUD+(メイスクラウドプラス)」が新登場~

 産業用ボイラのトップメーカーである三浦工業株式会社(本社:愛媛県松山市、社長:宮内大介)は、弊社製品を対象とした従来のクラウド型エネルギー管理システム「MEIS CLOUD」に加え、他社製品のエネルギー管理が可能となる新システム「MEIS CLOUD+(メイスクラウドプラス)」の提供を開始しました。

 エネルギー情勢の不安やCO2削減の必要性により、我が国における省エネ推進は、今後加速度的に進展していくことが予測されます。省エネ推進の過程における効果把握のための計測・記録は工場運営において、必須条件となります。さらに、コロナ禍による生産現場の働き方にも変化がある中で、設備管理における省力化は喫緊の課題となりつつあります。

 従来の「MEIS CLOUD」は弊社製品を対象としたエネルギー管理システム、今回の「MEIS CLOUD+」は弊社以外の機器を対象としたシステムとなります。お客様の設備状況に応じて、「MEIS CLOUD」と「MEIS CLOUD+」を単独使用または併用することで、いつでも、どこでも、低コストで、人手をかけず、クラウド上でエネルギー管理できるシステムです。
「MEIS CLOUD」と「MEIS CLOUD+」の概要.png

▲「MEIS CLOUD」と「MEIS CLOUD+」の概要

〜「MEIS CLOUD+」の特長〜

1.エネルギー管理をお手軽に!

「通信装置GWD」で、携帯通信を介して汎用設備の運転状態や計器信号をクラウドサーバに収集、エネルギー管理機能をご提供します。

【報告書機能】・・・日報、月報、四半期報、半期報、年報を帳票形式、グラフ表示し、ExcelやPDF形式で出力。

2.設備管理も自由自在!

【モニタ機能】・・・リアルタイムでの設備状況把握ができます。

【ヒストリカルトレンド機能】・・・設備状態をトレンドグラフ形式で記録(過去10年分)し、過去の詳細な稼働状況を分析することができます。

【異常通知メール機能】・・・設備に異常が発生した際、指定のメールアドレス(最大30件まで)へ異常通知メールを送信できます。

3.離れた複数の場所でもまとめて管理!

【多地点統合機能】・・・上記の報告書機能は、複数の 「通信装置GWD」を統合して表示することができます。全国に複数工場を持たれるお客様でも、クラウドを利用し、簡単に統合管理を行うことができます。

〜システムの概要〜

■開発背景・動機

 弊社製品だけでなく、お客様が所有される弊社以外の設備でも、分け隔てなく、管理の省力化・合理化が行えるシステムをご提供することで、お客様の更なる発展に貢献したい思いで開発に至りました。

■販売対象

  日本国内のみ

■販売価格

  サービス提供価格・・・10,000円/月(税別)〜 (取込点数により変化します)

  「通信装置GWD」・・・希望販売価格¥235,000 (税別) 〜 (別途購入が必要です)

「通信装置GWD」の仕様

型式

ATB-AX1-GWD1

ATB-AX1-GWD1-AIO

通信モジュール

KDDI製LTE通信モジュール

データストレージ

産業用SD(16GB)

LANポート

2CH(RJ45接続)

拡張ボード

なし

AI、DI、DO 各4点

電源

AC100V/200V 50/60Hz

外形寸法(W×D×H)

240×140×55mm(突起物含まず)

重量

1,300g

1,350g

GWD製品外観イラスト.png

▲通信装置GWD 製品イメージ

「MEIS CLOUD+」の構成例.png▲「MEIS CLOUD+」の構成例

以上

※「MEIS CLOUD」は、三浦工業(株)の登録商標です。


20200727_クラウド型エネルギー管理システム「MEIS CLOUD+」が新登場.pdf

▼お問い合わせ先

三浦工業株式会社 ブランド企画室

TEL:089-979-7019 FAX:089-979-7126

Mail: info_miuraz@miuraz.co.jp 


ニュースリリース一覧へ戻る