トップページ  >  ニュースリリース一覧  >  三浦工業(中国)有限公司 新工場にて製造を開始ガス焚きボイラ製造用の新工場(本社工場) が完成

ニュースリリース

2020年8月19日

三浦工業(中国)有限公司 新工場にて製造を開始
ガス焚きボイラ製造用の新工場(本社工場) が完成

 産業用ボイラのトップメーカーである三浦工業株式会社(本社:愛媛県松山市、社長:宮内 大介)の中国現地法人 三浦工業(中国)有限公司 (董事長:児島好宏)(以下、ミウラ中国)が2018年1月に新工場用地として取得していた蘇州工業園区内にガス焚きボイラ製造用の新工場(本社工場)が2020年5月末に完成し、2020年8月17日より製造を開始いたしましたのでお知らせいたします。

 深刻化する環境汚染問題を抱える中国産業界において、環境政策として従来の石炭燃料に代わりガス化への法的規制が強化され、ガス焚きボイラの供給が求められています。ミウラ中国では需要増への対応と中国市場における当該事業の成長性を考慮し、より強固な生産体制とするため、中国蘇州に現工場の約2.5倍の生産能力となるボイラ製造工場を建設しました。現在の工場から約6.5km に位置し、2工場体制による生産能力向上に加え、商品開発用の実験場やメンテナンス要員のための実習場、オンラインセンター、社員セミナー施設等も収容したミウラグループ海外法人においては最大規模の工場となります。

 ミウラ中国は、1993年に三浦鍋爐有限公司[中国・上海]として設立、2004年には三浦工業設備(蘇州)有限公司[中国・蘇州]として製造工場の操業を開始し、2017年4月に現在の社名へ変更。「中国の空を青くする」というスローガンのもと、社員一丸となり中国の環境汚染問題の改善に向けて取り組んでまいりました。

 今後も、弊社の技術を駆使した環境負荷を低減するための省エネルギー提案など環境保護へ貢献する技術やサービスを提供し、中国のみならず世界のお客様に省エネルギーと環境保全でお役に立てる企業として貢献してまいります。

<関連リリース>
※三浦工業(中国)有限公司がガスボイラ製造用に第2工場建設用地 を取得(2018/01/24 発行)   https://www.miuraz.co.jp/info/newsrelease/2018/01/24/1051.html 

中国新工場写真20200617.jpg

▲完成した新工場

【新工場の概要】

1)施設名

三浦工業(中国)有限公司 本社工場

2)所在地

蘇州工業園区

3)責任者

三浦工業(中国)有限公司 董事(総経理) 傅 文軍

4)建物概要

敷地面積50,011 平方メートル、延床面積28,925 平方メートル、
工場棟RC造1階建て、事務棟3階建て

5)投資金額

約26億円

6)生産開始年月日

2020年8月17日

7)生産能力

年間5000台(現工場の約2.5倍)

8)主な生産品目

ガス焚きボイラの製造・組立

以上

▼お問い合わせ先

三浦工業株式会社 ブランド企画室

TEL:089-979-7019 FAX:089-979-7126

Mail: info_miuraz@miuraz.co.jp 


ニュースリリース一覧へ戻る