新着情報

熱水殺菌工程で発生するCO2排出量を53%削減!
純水ユニット(熱水殺菌仕様)の開発とシステムの再構築
~熱水殺菌での水質管理を必要とする医薬現場等の安全性を追求~

2021/09/07

ニュースリリース

 産業用ボイラのトップメーカーである三浦工業株式会社(本社:愛媛県松山市、代表取締役:宮内大介)は、新しく「純水ユニット(熱水殺菌仕様)」を開発し、また周辺設備を含めたシステム全体を再構築し熱水殺菌の工程を要求されるお客様(例:より高度な管理が要求されている医薬品製造工程等)へ9月より販売開始します。

20210818_純水ユニット(熱水殺菌仕様)U-3600SHF.jpg▲純水ユニット(熱水殺菌仕様)

 弊社の純水ユニットは独自の技術により省エネ・省水・省スペースを実現した装置です。高純度の純水を連続的に製造することができ、製薬・化粧品の原料水、精密機器・電子部品の洗浄水などの用途を中心に幅広くご利用いただいております。
 このたび、従来の特長をそのまま生かし、耐熱性に優れた部品構成で、80℃の熱水殺菌が可能な純水ユニット(熱水殺菌仕様)を開発し、ラインナップに追加しました。
 また純水ユニットと共に構成される周辺設備を含めたシステム全体の再構築を行い、熱水殺菌工程のランニングコスト削減、熱水殺菌工程時間を短縮することができます。
                       

システム構成例(熱水殺菌工程)

<一般的フロー>

 熱水殺菌時に原水タンクも80℃にして循環する方式で、大量の純水を加温する必要があります。また、1つの熱水殺菌回路のため昇温・降温に時間がかかります。

1)一般的フロー.JPG

<本製品の採用フロー>

 熱水殺菌時に原水タンクの加温はせず、最小限の純水の加温で使用熱量を低減します。また、2つの熱水殺菌回路に分割することで、それぞれの回路の昇温・降温を制御し、トータルの熱水殺菌の時間を短縮します。

2)本製品の採用フロー.JPG

特長

1.熱水殺菌による高度な品質管理

  耐熱性に優れた部品構成のため、80℃の熱水殺菌が可能です。

2.熱水殺菌のランニングコスト約54%削減・CO253%削減

 熱水殺菌時に原水タンクの加温を行わないことで、系内の保有水量が低減し、熱量を抑制。蒸気のランニングコストが低減できます。

3)熱水殺菌工程ランニングコスト.jpgのサムネイル画像

 <条件> 「活性炭ろ過装置WA-400ACM」と「純水ユニット3600SHF」の場合で比較(弊社調べ)

▲熱水殺菌工程ランニングコストの比較

3.熱水殺菌時間を約37%削減

 2つの熱水殺菌回路に分割することで前段の活性炭ろ過装置と純水ユニットを同時に熱水殺菌することが可能。熱水殺菌時間を削減できます。

熱水殺菌工程時間.jpgのサムネイル画像のサムネイル画像

<条件>【活性炭ろ過装置】熱水殺菌時間70分、【純水ユニット】熱水殺菌時間120分の場合(弊社調べ)

▲熱水殺菌工程時間の比較

4.適切な装置構成によるワンユニット化

 原水水質・要求水質に応じた適切な装置構成を専用架台に搭載し、省スペース化が可能です。
また、装置間の配管・配線工事も不要なため、工事の短縮も図れます。


5.ミウラ独自の3つのフィードバック制御で省エネ・省水

 「2019年度 省エネ大賞 製品ビジネスモデル部門 省エネルギーセンタ―会長賞」を受賞した「MRO-CG型」の機能を標準搭載しております。「MRO-CG型」は、ミウラ独自の3つのフィードバック制御により、年間平均30%の省エネ、年間平均10%の省水(従来型比)を実現しています。

 弊社では、現場ループ配管施工も対応しており、前処理→精製水製造設備→精製水供給設備までトータルでご相談いただけます。主要都市にエンジニアリング部も配置し、システム設計から工事まで一貫して弊社で行っており、さらに、1,000名以上のフィールドエンジニアが迅速に駆け付けられる体制をとっています。お客様に適切な製品とシステムを提案するだけでなく、工事・納入後も、組織力・機動力に優れた体制で、今後もお客様の安心・安全な環境を追求していきます。

販売機種

純水ユニット 0600~3600SHE/F 

業種

飲料・機械・化学・化粧品・製薬ほか

ご利用用途

超純水製造前処理・製造用水・洗浄用水ほか

純水ユニット(熱水殺菌仕様)が該当するSDGs目標

5)SDGsマークセット.jpg

以上

20210907_純水ユニット(熱水殺菌仕様)を新発売.pdf


▼お問い合わせ先

<製品に関するお問い合わせ>
ホームページ問い合わせフォーム(こちら)からお気軽にお問い合わせください。

<報道関係者のお問い合わせ>
三浦工業株式会社 ブランド企画室
TEL089-979-7019 FAX089-979-7126  Mail: info_miuraz@miuraz.co.jp

一覧へ