トップページ  >  ニュースリリース一覧  >  省エネ・省水・省スペースを実現した新型純水ユニット 販売開始

ニュースリリース

2020年3月18日

省エネ・省水・省スペースを実現した新型純水ユニット 販売開始

 産業用ボイラのトップメーカーである三浦工業株式会社(本社:愛媛県松山市 社長:宮内大介)は、新型純水ユニットを2020年4月より販売開始します。型純水ユニット

開発背景

 純水ユニット5000(MRO-MRO-WI)).jpg新型純水ユニットはRO膜(逆浸透膜)を搭載したRO装置「MRO-C型(2019年4月発売)」、およびRO水中のイオンや炭酸ガス成分を除去するEDIモジュールおよび脱炭酸膜を搭載した電気再生式純水装置「WI-B型(2020年4月発売)」を、ワンユニット化したハイスペック・コンパクトな純水装置です。高純度の純水を連続的に製造することができ、製薬・化粧品の原料水、精密機器・電子部品の洗浄水などの用途を中心に幅広くご利用いただけます。

 従来の純水ユニットを進化させ、弊社独自の技術による省エネ・省水・省スペースを実現する装置です。



▲純水ユニットMRO+MRO+WI→

特長

●ミウラ独自の3つのフィードバック制御で省エネ・省水

一般財団法人省エネルギーセンター主催(後援:経済産業省)2019年度省エネ大賞(製品・ビジネスモデル部門)において、「省エネルギーセンター会長賞」を受賞したMRO-Cシリーズの機能を標準搭載しております。ミウラの技術で生まれた3つのフィードバック制御で大幅な省エネ・省水を実現しております。

省エネ大賞「MRO-C」の紹介.jpgのサムネイル画像

●最適装置構成による省スペース化

 原水水質・要求水質に応じた最適な装置構成を専用架台に搭載し、設置スペース25%削減 

 装置間の配管・配線工事も不要なため、工事の短縮も図れます。

処理流量4m3/h(シングルRO)の場合 / 弊社従来機種との比較                    

ユニット内部フロー.jpgのサムネイル画像

    ※組み合わせは仕様により異なります



●環境負荷低減&作業・製造環境の改善

 現場再生型のイオン交換式純水装置は、薬品(酸とアルカリ)による定期的な再生が必要となりますが、電気再生式純水装置は、再生に薬品を使用しないため、環境負荷が軽減されます。また、薬品の保管設備や現場薬品補充が不要になり、衛生的な作業環境に改善可能です。

純水ユニット(ビフォーアフター).jpg

本装置は処理水量毎時1000Lから同5000Lまでとなります。 それ以上の容量については複数台設置にて対応可能です。

業種

飲料・機械・化学・化粧品・製薬ほか

ご利用用途

超純水製造前処理・製造用水・洗浄用水ほか

目標台数

30台/年

【参考情報】

■2020/3/18:高濁度でも安定した水量と省水を実現した排水リユース向け新型UF膜ろ過装置【WU-AK】を販売開始 (同時リリース)

https://www.miuraz.co.jp/info/newsrelease/2020/03/18/1000.html

■2019/3/5:さらに進化を遂げたハイスペック・コンパクトRO装置 「MRO-Cシリーズ」新発売 

https://www.miuraz.co.jp/info/newsrelease/2019/03/05/1500.html

■2019/7/23:新たな水処理装置2機種開発中!8月に初公開!〜新型純水ユニット〜(同時リリース)

https://www.miuraz.co.jp/info/newsrelease/2019/07/23/1000.html

20200318_純水ユニットMRO+WI発売.pdf

以上

▼お問い合わせ先

三浦工業株式会社ブランド企画室

TEL:089-979-7019 FAX:089-979-7126

Mail:info_miuraz@miuraz.co.jp


ニュースリリース一覧へ戻る